スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『50代からの選択』(4)

『50代からの選択』(4)





 私は6月末(2006年)で51歳になりました。その意味で、このタイトルの本は自分の半生を振り返る機会を与えてくれた本ですし、後半生を生き抜いていくためのよすがともなりました。

 「人生とは何ぞや」をご一緒に考えてみませんか。



  
 『50代からの選択』(初版 2004年11月10日 集英社)は、<ビジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか>というサブタイトルが示すように、自分の人生を真剣に考えるきっかけを与えてくれます。50代のかただけではなく、実は20代、30代、40代のかたにも読んでいただきたい本です。


今回はハンバーガーを日本に根づかせた日本マクドナルド社元会長、藤田 田(ふじた・でん)氏について語っている個所です。


藤田さんは、社長を退いて会長のなり、翌年にはその会長職も退いて、2004年4月に78歳で亡くなった。僕はすごく驚いたのだけれど、30年かけてあそこまでの会社をつくりあげた人物に対して、社葬ひとつない。マクドナルドよ、それはないだろうと、たいへんな憤りを感じた。それほど藤田さんが会社と揉めてしまっていたということなのだろうが、アメリカのマクドナルド社は、葬式ぐらい社葬として行い、日本一のファーストフードを育て上げた功績を讃え、感謝を表わすべきだったのではないか。それが人間的な対応というものではないかと僕は思ったものだ。

              今日の名言 1 〈196〉




そもそも経営者には、「寿命」というものがあると僕は考えている。それは「時代」「年代」「世代」によって形成された世の中の価値観と密接に関わっているのである。

              今日の名言 2 〈197〉




藤田さんの例をあげるまでもなく、個性の強い創業社長の引き際は難しい。信頼出来る後継者が育っていなければ、それこそ、60代になっても70代になってもバトンタッチできず、走行しているうちに改革に失敗したり、ワンマン社長への不満が内部から噴出してきたりして、辞任に追い込まれる、ということにもなりかねない。

              今日の名言 3 〈198〉





      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」

関連記事
ブログ内検索

プロフィール

藤巻 隆

Author:藤巻 隆
本当に役に立つビジネス書のウェブマスター、藤巻隆と申します。
ブログ「新・大前研一名言集」を更新していました。
しかし、最近になってブログサーバーのせいかどうかわかりませんが、新しい記事を書こうとすると入力画面が異常をきたし入力が困難になってきました。
そこで、新しいアカウントでブログのコンテンツを最初から立ち上げることにしました。
よろしくお願いいたします。
 (2007年12月27日)
管理者専用

カウンター

TOTAL:

現在の閲覧者数:

スポンサード・リンク

インターネット広告なら

アクセスランキング

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



株主優待

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
720位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
415位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク





PC モバイル 5万5千人に、
無料で広告配信
無料会員登録で、毎月15回無料配信
有料会員なら、毎月90回無料配信
出来ます。
さらに!ご紹介者お1人につき、
高額報酬!
お急ぎ、ご登録下さい。
詳細・ご登録は 今すぐ!

リンク

このブログをリンクに追加する

新・大前研一名言集(改)

QR

スポンサード・リンク

アクセスランキング

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。