スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『「リーダーの条件」が変わった』 (4)

『「リーダーの条件」が変わった』
「危機の時代」を乗り越える新しい統率力
小学館101新書 2011年9月25日 初版第1刷発行



<目次>
はじめに 能力なきリーダーしかいない日本の不幸

第1章(現状認識)
 東日本大震災でわかった「危機に克つリーダー」の条件
  [スピード]
  1週間でできない「緊急対策」は、1年かけてもできない
  [危機管理力]
  組織のイメージを最小限にする工夫と判断が必要だ
  [行動力と交渉力]
  次世代の国家リーダーに求められる「3つの条件」


第2章(対策)
 組織を元気にするリーダーシップの育て方
  [ビジョナリー・リーダー]
  世界で勝つ企業は人材育成に毎年1000億円かけている
  [中間管理職“再生術”]
  組織を動かすには「“揺らぎ”のシステム」を使いこなせ
  [新・人材教育カリキュラム]
  リーダーシップは“天与”のものではない

第3章(比較研究)
 日本が学ぶべき世界のリーダーシップ
  [イギリス・キャメロン首相①]
  弱冠43歳にしてトップに立ったリーダーはどこが凄いのか?
  [イギリス・キャメロン首相②]
  「グレート・ソサエティ」構想で活かすべき「民の力」
  [ロシア・メドベージェフ大統領]
  「結果を出す指導者」の驚くべき決断力と行動力
  [日本vs中国リーダー比較]
  国民の差ではなくリーダーの差が国家の関係を規定する

第4章(提言)
 私が「リーダー」だったら日本の諸課題をこう乗り越える
  【震災復興】
  「緊急度の掌握」ができなければ非常時のリーダー失格だ
  【電力インフラの再構築】
  原発と送電網は国有化、電力会社は分割して市場開放せよ
  【食料価格の高騰】
世界の農地に日本の農業技術・ノウハウを売り込め
  【水資源争奪戦】
  水道事業を民営化して「水メジャー」並の競争力をつけよ
  【エコカー開発競争】
  劇的な低価格を実現し、世界市場で優位に立つ「新EV革命」
  【財政危機】
  所得税・法人税ゼロの「日本タックスヘイブン化」で経済は蘇る

おわりに 「強いリーダー」は強い反対意見の中から生まれる  
   
 
[行動力と交渉力]
  次世代の国家リーダーに求められる「3つの条件」



 いま日本は未曾有の危機に瀕している。これを乗り越えるためには、次世代のリーダーに以下の3要件が必須になる。
 1つ目は、国家債務危機による日本経済のメルトダウンを防ぐことだ。国債と借入金、政府保証債務などを合わせた「国の借金」は、2011年6月末時点で988兆円を突破して過去最大を更新し続けている。東日本大震災の復興国債を発行すれば、借金はますます膨らむ。

                
(今日の名言 10  通算 529 )

 

 2つ目は、21世紀の新しい世界地図に対応した新しい外交の座標軸を定めることだ。冷戦終結後、世界は激変した。アメリカの力が衰える一方で中国が存在感を増している。新興国が台頭する中、世界の国々はみんな新しい外交関係を構築し、今やどの国が味方でどの国が敵なのか、判然としなくなっている。にもかかわらず、日本の外交は冷戦終結から20年以上経っても、未だに「日米安保」を金科玉条とする冷戦時代のポリシーのままフリーズしていて全く変化していない。だから、どこに座標軸を置けばよいのかわからなくなっている。

                
(今日の名言 11  通算 530 )


 3つ目は、人材を強化することだ。冷戦後の世界で競うための“最終兵器”は人材である。人材格差=国力格差になる。ところが、日本の若者は意気地も能力もなくなっている。

                
(今日の名言 12  通算 531 )





 BRICsブラジルロシアインド中国)という言葉は
知られていますが、今ではVITAMINという言葉で表せる
新興国があるということです。

 大前氏の話を聞いてみましょう。

 いま世界ではBRICsブラジルロシアインド中国)に続く新興国としてVITAMIN(ベトナム、インドネシア、タイ、トルコ、アルゼンチン、南アフリカ、メキシコ、イラン、イラク、ナイジェリア)などが注目を集めている。このうちブラジルインドインドネシアは、いずれも2025年までに日本を抜いて世界3位の経済大国になることを目標にしている。もしそうなったら、15年後くらいに日本は世界で6位か7位に転落するわけだ。



 VITAMINの中のインドネシアについて、
日経ビジネス(2013.4.8号)は『インドネシア 覚醒する「未完の大国」』
というタイトルで特集を組みました。

 その一部をご紹介しましょう。

 私のブログ 日経ビジネスの特集記事 から

 インドネシアと聞いてイメージするのは、バリ島やジャワ島、

 パプアニューギニアなどではないでしょうか。

 あるいは開発途上国といったところでしょうか。

 今号の日経ビジネスはそんなイメージを払拭する内容です。

 今週の特集記事を読んで2つのキーワードに着目しました。

 「多様性(ダイバーシティ)」と「変質」です。

 まず、多様性についてお話しましょう。

 1人当りGRDP(域内総生産)の比較を見てみましょう。

 首都ジャカルタは1万46ドルですが、

 北マルクという地域はわずか570ドルです。

 1人当りの格差は、実に17.6倍にもなっています。

 バリは1850ドル、域内で最も人口の多い(4305万人)西ジャワは

 1880ドルです。

 
 インドネシアの人口は2億4000万人。日本の2倍です。

 私は、この国に注目しています。




記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。
新・大前研一名言集(改)





【スポンサード・リンク】





 
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

プロフィール

藤巻 隆

Author:藤巻 隆
本当に役に立つビジネス書のウェブマスター、藤巻隆と申します。
ブログ「新・大前研一名言集」を更新していました。
しかし、最近になってブログサーバーのせいかどうかわかりませんが、新しい記事を書こうとすると入力画面が異常をきたし入力が困難になってきました。
そこで、新しいアカウントでブログのコンテンツを最初から立ち上げることにしました。
よろしくお願いいたします。
 (2007年12月27日)
管理者専用

カウンター

TOTAL:

現在の閲覧者数:

スポンサード・リンク

インターネット広告なら

アクセスランキング

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



株主優待

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
35位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク





PC モバイル 5万5千人に、
無料で広告配信
無料会員登録で、毎月15回無料配信
有料会員なら、毎月90回無料配信
出来ます。
さらに!ご紹介者お1人につき、
高額報酬!
お急ぎ、ご登録下さい。
詳細・ご登録は 今すぐ!

リンク

このブログをリンクに追加する

新・大前研一名言集(改)

QR

スポンサード・リンク

アクセスランキング

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。