スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロウアーミドルの衝撃』(28)

『ロウアーミドルの衝撃』(28)




 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、今では上流と下流だけの二極に分化しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現状を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



仮に1000万人を1単位とすると、日本は10~12の道州に分けるのが妥当だろう。道州の区割りの仕方にはさまざまな意見があると思うが、道州がひとつの地域国家として機能するためには、歴史や文化に根ざした地域の一体感が必要である。幸い、日本にはすでに北海道、九州、東北地方、関東地方といった地域区分があるから、それをもとに人口分布や商圏としての特徴、将来性などを重ね合わせて区割りを考えていけばいい。


             今日の名言 1 〈331〉



そうすると、どうしても私がかねてから提案しているような11の「道」の区割りになる。北海道、東北道、関東道、首都圏道、北陸道、中部道、関西道、中国道、四国道、九州道、沖縄道である。ちなみに区割りをすべて「道」と呼ぶのは、日本には古代から大きな地域のまとまりを「道」と呼んできた歴史があるからだ。

   
             今日の名言 2 〈332)



首都圏道は東京、埼玉、神奈川、千葉からなる地域で、人口3300万人余りと規模が大きいが、首都機能を持つ「特別区」として位置づけるべきだと考えている。
逆に沖縄道は人口が130万人ほどしかなく、ひとつの道にするには規模が小さい。しかし、古くから独自の歴史と文化を持ち、今後は東シナ海経済圏の中心として繁栄できる可能性が大いにあるので、あえて独立したエリアとして提案したい。

      
             今日の名言 3 〈333)



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書」
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

プロフィール

藤巻 隆

Author:藤巻 隆
本当に役に立つビジネス書のウェブマスター、藤巻隆と申します。
ブログ「新・大前研一名言集」を更新していました。
しかし、最近になってブログサーバーのせいかどうかわかりませんが、新しい記事を書こうとすると入力画面が異常をきたし入力が困難になってきました。
そこで、新しいアカウントでブログのコンテンツを最初から立ち上げることにしました。
よろしくお願いいたします。
 (2007年12月27日)
管理者専用

カウンター

TOTAL:

現在の閲覧者数:

スポンサード・リンク

インターネット広告なら

アクセスランキング

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



株主優待

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
226位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク





PC モバイル 5万5千人に、
無料で広告配信
無料会員登録で、毎月15回無料配信
有料会員なら、毎月90回無料配信
出来ます。
さらに!ご紹介者お1人につき、
高額報酬!
お急ぎ、ご登録下さい。
詳細・ご登録は 今すぐ!

リンク

このブログをリンクに追加する

新・大前研一名言集(改)

QR

スポンサード・リンク

アクセスランキング

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。