スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ザ・プロフェッショナル』(25)


FX


『ザ・プロフェッショナル』

21世紀をいかに生き抜くか
ダイヤモンド社 2005年9月29日 第1刷発行





<目次>

はじめに 予言は自己実現する

第1章「プロフェッショナリズム」の定義

第2章 先見する力

第3章 構想する力

第4章 議論する力

第5章 矛盾に適応する力



第3章 構想する力




 
 人間の目は300万画素以上の画像を識別できません。

 つまり、それ以上の画素数は無用です。部品としての

 デジタルカメラはこのハードルを超えています。

 もはやデジタルカメラは、プロのカメラマンや愛好家を

 除いて、ボーナスをはたいて購入するような商品では

 なくなってしまいました。アメリカでは使い捨てカメラが

 10ドルで販売されています。一世を風靡した使い捨て

 カメラという業界も死に瀕しているのです。 

 

                
(今日の名言 1  通算 650 )


 


 現在、ウェブ上には5億超のサイト(約100億ページ)

 があるといわれますが、このサイバー世界には地図

 も標識もありません。無尽蔵のなかから唯一無二の

 目的地を探し始める時、その存在すら知りえない

 サイトへとガイドするのがポータルです。ポータルは、

 ひとたび成功すれば、ユーザーのアクセスが乗数的

 に伸びていくという特性を備えています。これが、

 まさしくマルチプル経済の法則です。 

 

                
(今日の名言 2  通算 651 )



 
 現在、一人勝ちしているポータルといえば、言うまでもなく

 <グーグル>です。<ヤフー>に代表されるディレクトリ

 方式に対し、グーグルが採用したのはパラレル・プロセシング

 方式です。これはロボット型検索エンジンで自動検索し、

 キーワード別にデータを自社のコンピュータに蓄積して検索
 
 要求にはコンマ数秒で応えます。<ヤフー>に圧勝した

 <グーグル>のトップページは、いまやネット上の広告一等地

 です。

 トップページで「上から3つ」に名前が挙がるかどうかで、

 アクセス数には天と地ほどの差が生じます。

 何万件もの検索結果が出たとしても、上から3つくらいまでを

 クリックするというのがベテラン利用者の傾向です。

 

                
(今日の名言 3  通算 652 )





『ザ・プロフェッショナル』が出版されたのは、2005年9月29日
です。10年前のことです。


ですから、当時とはインターネット環境はガラリと変わりました。
サイト数は、当時の数倍から数十倍あるいはもっと増加して
いるかもしれません。一部の知識と技術力のある人たちによって
運営されていた従来のホームページから、誰でも簡単に投稿
できるブログが主流になりました。世界的にもブログの数は膨大
になっている、と推測できます。


画素数に関してお話しますと、スマホに標準装備されている
カメラの画素数は800万以上あります。画素数が1000万
を超えるスマホも珍しくありません。


専用のデジタルカメラについては、画素数が2000万を楽々
超えるものも市販されています。


画素数がいくら多くても、手ブレしてしまっては台無しです。
その点を考慮し、スマホメーカーは手ブレ機能を搭載しています。


検索エンジンに関しては、この10年でと言うよりも、ここ数年で
大きな変化がありました。ヤフーが「ディレクトリ方式」をやめ、
グーグルの「パラレル・プロセシング方式」を採用したのです。


ですから、グーグルで検索しても、ヤフーで検索しても、検索結果
「同じページ」になります。ヒット数や、下位に表示されるサイトには
若干の違いが見られることがあります。


方式は同じでも、データ量や質に違いがあるのかもしれません。


私事になりますが、アメブロで運用している
こんなランキング知りたくないですか?
は、「こんなランキング」で検索すると1ページ目の1番上に
表示されます。


ヒット数は、なんと3000万以上です。以前には、理由は
はっきりしませんが、2億以上ヒットしていました。
重複カウントがあったのかもしれません。


実際にグーグル検索とヤフー検索に違いがあるのかどうか、
調べてみました。


 こんなランキング で検索しました。
(2015年2月21日 19:00現在)
その結果は――。


 グーグル検索の場合 






 ヤフー検索の場合 






結果は全く同じでした。ヒット数は約3560万件で、ランキングも
変わりません。


この結果を最初に見た時は、二重の意味(グーグル検索とヤフー検索
に違いがないことと、私のブログが1位にランキングされていること)で、
非常に驚きましたが、今では普通と考えています。


アメブロ
こんなランキング知りたくないですか?


どんなに小さなカテゴリであっても、1位というのは嬉しいものです。






地震発生から1週間 福島原発事故の現状と今後
(大前研一ライブ579)



大前研一 × 堀江貴文 「日本のテクノロジー」対談(完全版)









記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。
新・大前研一名言集(改)




スポンサーサイト

『ザ・プロフェッショナル』(24)



『ザ・プロフェッショナル』

21世紀をいかに生き抜くか
ダイヤモンド社 2005年9月29日 第1刷発行





<目次>

はじめに 予言は自己実現する

第1章「プロフェッショナリズム」の定義

第2章 先見する力

第3章 構想する力

第4章 議論する力

第5章 矛盾に適応する力



第3章 構想する力




 
 先例があるから「成功するはず」という発想は

 厳に禁物です。特に十分条件となる代価を

 回収する仕組み、すなわち決済には、とりわけ

 周到な設計が必要です。ネット店舗は簡単に

 開設できますが、アメリカの統計によれば、

 最初の1ドルを徴収するのに平均84ドルかかり

 ます。つまり、ネットは路面店よりも初期コストが

 高くつくのです。 

 

                
(今日の名言 1  通算 647 )


 


 技術革新は、大なり小なり淘汰を伴います。

 新しい技術が既存の技術に取って代わる時、

 このうねりに乗り損ねた企業は姿を消して

 いきます。産業発展の歴史は企業淘汰の歴史

 であり、ことITネットワーク革命以降、事業環境

 の不確実性はいっきに高まりました。そのあおり

 を受けて、大規模な企業破綻が、時には連鎖

 して世界各地で起こるようになったのです。 

 

                
(今日の名言 2  通算 648 )



 
 戦略の変更や、先見を構想に変えるプロセスに

 時間がかかるような組織は、いかに数々の艱難

 辛苦を乗り越えてきた大企業といえども生き残れ

 ません。伝統的なフィルムやカメラ会社では、

 毎年20パーセント程度のリストラを敢行したとして

 も復調は望むべくもありません。かと言ってこれ

 以上のペースでのリストラも、それに見合うだけの

 新事業の速成も難しいと思われます。

 

                
(今日の名言 3  通算 649 )





ライフサイクルはますます短くなっています。


長年ロングセラーで親しまれてきた製品が、
他社製品にまたたくまに淘汰される例は
多くあります。


あるいは、改良ではなく革新的な製品が出現
した場合も同様です。


かつて、フィルム業界に君臨していたコダック
は姿を消しました。デジタルカメラが出現し、
あっという間に主流となったのですが、
コダックはその流れに乗ることができなかった
のです。


経営資源を銀塩フィルムに特化していたために、
デジタル化の流れに対応できず、先行投資を
怠っていたのです。


ポラロイドも全く同じです。
「撮ったその場で写真が見られる」というメリット
があったのですが、スマホで撮影した画像が
すぐにネット上に投稿でき、共有できるという
利点に負けたのです。


富士フイルムは、超微粒子技術を活用し、
一見する関係がなさそうな化粧品業界へ進出し、
既存の化粧品メーカーとは異なる分野で、
確たる地位を築きました。


ポラロイドに似た、富士フイルムの『チェキ』という
インスタントカメラが、アジアで大人気になっている
そうです。


富士フィルムもポラロイドの二の舞を演じるので
しょうか? いえ、演じません。


富士フィルムは、カメラとフィルムの両方を生産して
います。フィルムに適したカメラを製造できるのは
富士フィルムしか存在しません。一人勝ちなのです。


コダックやポラロイドのような「成功の復讐」や
「茹でガエル」の例は、現状に胡座(あぐら)をかいて
きたためにしっぺ返しを喰らう、という教訓です。





地震発生から1週間 福島原発事故の現状と今後
(大前研一ライブ579)



大前研一 × 堀江貴文 「日本のテクノロジー」対談(完全版)









記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。
新・大前研一名言集(改)




         
ブログ内検索

プロフィール

藤巻 隆

Author:藤巻 隆
本当に役に立つビジネス書のウェブマスター、藤巻隆と申します。
ブログ「新・大前研一名言集」を更新していました。
しかし、最近になってブログサーバーのせいかどうかわかりませんが、新しい記事を書こうとすると入力画面が異常をきたし入力が困難になってきました。
そこで、新しいアカウントでブログのコンテンツを最初から立ち上げることにしました。
よろしくお願いいたします。
 (2007年12月27日)
管理者専用

カウンター

TOTAL:

現在の閲覧者数:

スポンサード・リンク

インターネット広告なら

アクセスランキング

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



株主優待

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
230位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク





PC モバイル 5万5千人に、
無料で広告配信
無料会員登録で、毎月15回無料配信
有料会員なら、毎月90回無料配信
出来ます。
さらに!ご紹介者お1人につき、
高額報酬!
お急ぎ、ご登録下さい。
詳細・ご登録は 今すぐ!

リンク

このブログをリンクに追加する

新・大前研一名言集(改)

QR

スポンサード・リンク

アクセスランキング

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。