スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リーダーの条件が変わった』(12)

『「リーダーの条件」が変わった』
「危機の時代」を乗り越える新しい統率力
小学館101新書 2011年9月25日 初版第1刷発行



<目次>
はじめに 能力なきリーダーしかいない日本の不幸

第1章(現状認識)
 東日本大震災でわかった「危機に克つリーダー」の条件
  [スピード]
  1週間でできない「緊急対策」は、1年かけてもできない
  [危機管理力]
  組織のイメージを最小限にする工夫と判断が必要だ
  [行動力と交渉力]
  次世代の国家リーダーに求められる「3つの条件」

第2章(対策)
 組織を元気にするリーダーシップの育て方
  [ビジョナリー・リーダー]
  世界で勝つ企業は人材育成に毎年1000億円かけている
  [中間管理職“再生術”]
  組織を動かすには「“揺らぎ”のシステム」を使いこなせ
  [新・人材教育カリキュラム]
  リーダーシップは“天与”のものではない
第3章(比較研究)
 日本が学ぶべき世界のリーダーシップ
  [イギリス・キャメロン首相①]
  弱冠43歳にしてトップに立ったリーダーはどこが凄いのか?
  [イギリス・キャメロン首相②]
  「グレート・ソサエティ」構想で活かすべき「民の力」
  [ロシア・メドベージェフ大統領]
  「結果を出す指導者」の驚くべき決断力と行動力
  [日本vs中国リーダー比較]
  国民の差ではなくリーダーの差が国家の関係を規定する

第4章(提言)
 私が「リーダー」だったら日本の諸課題をこう乗り越える
  【震災復興】
  「緊急度の掌握」ができなければ非常時のリーダー失格だ

  【電力インフラの再構築】
  原発と送電網は国有化、電力会社は分割して市場開放せよ
  【食料価格の高騰】
世界の農地に日本の農業技術・ノウハウを売り込め
  【水資源争奪戦】
  水道事業を民営化して「水メジャー」並の競争力をつけよ
  【エコカー開発競争】
  劇的な低価格を実現し、世界市場で優位に立つ「新EV革命」
  【財政危機】
  所得税・法人税ゼロの「日本タックスヘイブン化」で経済は蘇る

おわりに 「強いリーダー」は強い反対意見の中から生まれる  
   
 
  【震災復興】
  「緊急度の掌握」ができなければ非常時のリーダー失格だ



 今回の大震災・大津波で、甚大な被害が出た最大の原因は、防災の観点から見て危険な場所に人が住んでいたことである。海に面した低い土地に広がった三陸の町は、過去に何度も津波被害を受けてきた。このため津波に対する備えは、それなりに固めていた。にもかかわらず今回の大津波では、ひとたまりもなかった。それがわかった以上、被災した住民の皆さんの意見も踏まえつつ、二度と悲劇を繰り返さないよう、津波で壊滅した海の近くは民家ではなく公共の頑丈な(避難にも使える)建物と緑地だけにして、住宅地は安全な高台に移すことを考えなくてはならない。そのための費用は全国民で負担する。これについては、幸い復興構想会議も同じような提案をしてくれている。

                
(今日の名言 35  通算 554 )

 

 もう1つは、港の再建だ。今後は今回以上の大津波からも町を守ることができる巨大な防波堤・防潮堤と水門を造り、いざとなったら水門を閉めるしかない。
だが、その建設には巨額の費用を要する。すべての港に造ることはできないので、岩手県の宮古、釜石、大船渡、宮城県の石巻、仙台塩釜、気仙沼などに限って強固なものに再建し、桟橋や魚市場も近代的に整備する。それ以外の地区の漁業関係の人たちには、再建した大きな港に、“通勤”してもらう。つまり、住む場所と働く場所を分ける形で、安全な職場と住宅を確保すべきだと思うのである。

                
(今日の名言 36  通算 555 )


 重要なのは、私が述べた復興策の財源は、国債ではなく、消費税の税率を時限立法で引き上げて充当すべきということだ。いわば“復興消費税”である。国債暴落を避ける、と言う意味でも、リーダーはこのことを一瞬たりとも忘れてはならない。

                
(今日の名言 37  通算 556 )




東日本大震災から2年7カ月が過ぎました。
つくづく時が経つのは速い、と感じました。

震災復興が声高に叫ばれていたのは一時で、
2020年東京オリンピック決定後、国も
国民の意識も、大震災はもう過去のこと、と
気持ちが変化してきているように感じます。

東京電力福島第一原発の危険性はますます
高まり、汚染水問題も、うやむやにされか
ねません。

被災地でボランティア活動をしていない私は、
偉そうなことを言える立場にはありません。

しかし、これから数十年(半世紀以上かかる
可能性もある)かかる復興までの進捗状況
から目を離してはいけない、と思うのです。

2020年東京オリンピック開催のために、
国立競技場の建て替えや、地下鉄などの
インフラ整備のために、莫大なカネと多数の
人を投入しなくてはなりません。

被災地のがれき処理や、福島第一原発付近の
放射能汚染除去、汚染水処理に関わっている
人たちが、五輪開催のために駆り出されること
にあると、復興は大きく遅れることになります。

現段階でさえ、被災地によっては、がれき処理
がほとんど進んでいない地域があるようです。

こうした処理は、現存するロボットに代行させる
ことは難しいことです。

ロボットが勝手にやるのではなく、ロボットを
操作する人が、必ず必要になるからです。

ロボットが故障することもあるでしょう。
修理のための人が必要になります。

もちろん、危険な場所には、ロボットを活用する
余地は大きいと思います。人とロボットのコラボ
レーションは、近い将来、必ず必要になってくる
と、私は確信しています。



記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。
新・大前研一名言集(改)




★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク






 
スポンサーサイト

『リーダーの条件が変わった』(11)

『「リーダーの条件」が変わった』
「危機の時代」を乗り越える新しい統率力
小学館101新書 2011年9月25日 初版第1刷発行



<目次>
はじめに 能力なきリーダーしかいない日本の不幸

第1章(現状認識)
 東日本大震災でわかった「危機に克つリーダー」の条件
  [スピード]
  1週間でできない「緊急対策」は、1年かけてもできない
  [危機管理力]
  組織のイメージを最小限にする工夫と判断が必要だ
  [行動力と交渉力]
  次世代の国家リーダーに求められる「3つの条件」

第2章(対策)
 組織を元気にするリーダーシップの育て方
  [ビジョナリー・リーダー]
  世界で勝つ企業は人材育成に毎年1000億円かけている
  [中間管理職“再生術”]
  組織を動かすには「“揺らぎ”のシステム」を使いこなせ
  [新・人材教育カリキュラム]
  リーダーシップは“天与”のものではない
第3章(比較研究)
 日本が学ぶべき世界のリーダーシップ
  [イギリス・キャメロン首相①]
  弱冠43歳にしてトップに立ったリーダーはどこが凄いのか?
  [イギリス・キャメロン首相②]
  「グレート・ソサエティ」構想で活かすべき「民の力」
  [ロシア・メドベージェフ大統領]
  「結果を出す指導者」の驚くべき決断力と行動力
  [日本vs中国リーダー比較]
  国民の差ではなくリーダーの差が国家の関係を規定する


第4章(提言)
 私が「リーダー」だったら日本の諸課題をこう乗り越える
  【震災復興】
  「緊急度の掌握」ができなければ非常時のリーダー失格だ
  【電力インフラの再構築】
  原発と送電網は国有化、電力会社は分割して市場開放せよ
  【食料価格の高騰】
世界の農地に日本の農業技術・ノウハウを売り込め
  【水資源争奪戦】
  水道事業を民営化して「水メジャー」並の競争力をつけよ
  【エコカー開発競争】
  劇的な低価格を実現し、世界市場で優位に立つ「新EV革命」
  【財政危機】
  所得税・法人税ゼロの「日本タックスヘイブン化」で経済は蘇る

おわりに 「強いリーダー」は強い反対意見の中から生まれる  
   
 
  [日本vs中国リーダー比較]
  国民の差ではなくリーダーの差が国家の関係を規定する



 尖閣諸島が一躍注目を集めたのは、1968年のことだ。国連アジア極東経済委員会が、同諸島周辺の大陸棚に中東地域に匹敵する膨大な石油が埋蔵されている可能性があるという報告書を発表したからだ。そして72年の沖縄返還に伴い、尖閣諸島も返ってきたというのが日本側の理解である。

                
(今日の名言 31  通算 550 )

 

 一方、中国政府と台湾政府が尖閣諸島の領有権を主張し始めたのは、1970年代に入ってからだ。台湾の16世紀頃の歴史文書に尖閣諸島の記録があることなどを根拠としている。ただし、ここで重要なのは、1978年に副首相として来日した鄧小平氏が、尖閣問題について「両国政府は。この問題を避けて通り、一時棚上げしてもよい。我々の世代は知恵が足りない。次の世代はもっと賢くなるだろう」と記者会見で述べたことである。いわゆる「棚上げ論」だ。これを日本人は受け入れた、と中国は理解しているのだ。

                
(今日の名言 32  通算 551 )


 中国は、尖閣諸島を日本が実効支配していることは認めている。だが、領有権を認めたことはないし、棚上げ論を受け入れたのだから、この問題は保留状態だと思っている。

                
(今日の名言 33  通算 552 )


 基本的に中国人は日本に憧れている。日本に来ると大半の人は安全・安心・快適で食事も旨い日本が好きになって帰っていく。そういう細かいヒットをたくさん重ねるしか、関係改善を促進する方法はないと思う。したたかな中国相手に一発逆転のホームランはない、と政治家たちは心得るべきだろう。

                
(今日の名言 34  通算 553 )



一筋縄ではいかない外交交渉には、大前氏が
指摘しているように、地道な関係改善しか
ないのかもしれません。

日本と中国、日本と韓国の間で領有権で争い、
歴史の捏造まで行われています。

海底資源は膨大であり、国力に大いに貢献
するものです。

日本は島国であるため、周囲を海に囲まれて
いるため、排他的経済水域は私たちが想像する
以上に広いものです。

排他的経済水域の詳細については、
排他的経済水域
をご覧ください。


日本は昔から資源の乏しい国と言われて
きました。
ヒトという資源しかない、と言われたこと
もあります。

しかし、今では海底資源が豊富な国となり
つつあります。

そのひとつは、メタンハイドレートです。
2013年時点では実用化はされていませんが、
膨大な埋蔵量が確認されています。

「天然ガス換算で7.35兆m3(日本で消費される
天然ガスの約96年分)以上と推計されている」
(Wikipedia)

メタンハイドレートというのは、化石燃料で
あり、再生可能エネルギーには含まれない
そうです。

「日本海の尖閣・竹島を始めとする領土問題は
日本海側のメタンハイドレートが目的だとの
見方もある」(Wikipedia)

メタンハイドレートについての詳細は、
メタンハイドレート
をご覧ください。



記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。
新・大前研一名言集(改)





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク






 

『リーダーの条件が変わった』(10)

『「リーダーの条件」が変わった』
「危機の時代」を乗り越える新しい統率力
小学館101新書 2011年9月25日 初版第1刷発行



<目次>
はじめに 能力なきリーダーしかいない日本の不幸

第1章(現状認識)
 東日本大震災でわかった「危機に克つリーダー」の条件
  [スピード]
  1週間でできない「緊急対策」は、1年かけてもできない
  [危機管理力]
  組織のイメージを最小限にする工夫と判断が必要だ
  [行動力と交渉力]
  次世代の国家リーダーに求められる「3つの条件」

第2章(対策)
 組織を元気にするリーダーシップの育て方
  [ビジョナリー・リーダー]
  世界で勝つ企業は人材育成に毎年1000億円かけている
  [中間管理職“再生術”]
  組織を動かすには「“揺らぎ”のシステム」を使いこなせ
  [新・人材教育カリキュラム]
  リーダーシップは“天与”のものではない
第3章(比較研究)
 日本が学ぶべき世界のリーダーシップ
  [イギリス・キャメロン首相①]
  弱冠43歳にしてトップに立ったリーダーはどこが凄いのか?
  [イギリス・キャメロン首相②]
  「グレート・ソサエティ」構想で活かすべき「民の力」
  [ロシア・メドベージェフ大統領]
  「結果を出す指導者」の驚くべき決断力と行動力

  [日本vs中国リーダー比較]
  国民の差ではなくリーダーの差が国家の関係を規定する

第4章(提言)
 私が「リーダー」だったら日本の諸課題をこう乗り越える
  【震災復興】
  「緊急度の掌握」ができなければ非常時のリーダー失格だ
  【電力インフラの再構築】
  原発と送電網は国有化、電力会社は分割して市場開放せよ
  【食料価格の高騰】
世界の農地に日本の農業技術・ノウハウを売り込め
  【水資源争奪戦】
  水道事業を民営化して「水メジャー」並の競争力をつけよ
  【エコカー開発競争】
  劇的な低価格を実現し、世界市場で優位に立つ「新EV革命」
  【財政危機】
  所得税・法人税ゼロの「日本タックスヘイブン化」で経済は蘇る

おわりに 「強いリーダー」は強い反対意見の中から生まれる  
   
 
  [ロシア・メドベージェフ大統領]
  「結果を出す指導者」の驚くべき決断力と行動力



 ロシアとトルコは過去13回も戦争をしているが、今やロシアにとってトルコは最大の貿易国となり、互いに相手を必要としている。したがって、もう過去の歴史は忘れ、経済的なパートナーとして助け合おうということで、両国の経営者たちが次々と商談成立の書類に署名し、メドベージェフ大統領とトルコのエルドアン首相はロシアがトルコで200億ドルの原発を建設することや、ビザなし交流にも合意したのだ。

                
(今日の名言 28  通算 547 )

 

 私のアイデアはこうだ。国家主権としての統治は4島すべて日本に返還する。ただ択捉島だけは、両国が仲の良い隣人となる象徴として「オホーツク共通の家」にする。かつてゴルバチョフ元大統領が提唱した「ヨーロッパ共通に家」という概念に倣うのだ。
 具体的には、日本とロシアが共同のコミュニティを作って緊密な経済協力関係を構築し、ロシア人もビザなしで自由に漁業やビジネスができるようにする。

                
(今日の名言 29  通算 548 )


 外交交渉はリーダーの手腕によって大きく左右される。北方領土問題も、プーチン首相とメドベージェフ大統領のツートップが競っている絶好のチャンスを、日本は絶対に逃してはならない。

                
(今日の名言 30  通算 549 )



ここ数年で、ロシアでも政権の移動がありました。
プーチン首相は大統領に、メドベージェフ大統領は首相に
戻ったのです。

日本も民主党政権から自民党政権に戻りました。

北方領土問題は暗礁に乗り上げ、進展のめどは立っていません。
安倍首相は精力的にアジア周辺諸国を歴訪し、中国を封じ込め
を画策しましたが、その成果はいかがなものでしょうか?

ロシアとトルコの外交交渉で驚くことは、ロシアはウクライナで
チェルノブイリ事故を起こしています。廃炉が決定していますが、
完全に廃炉にするには、これから先50年以上かかるとも
言われています。

そうした原発事故を起こしたのにも関わらず、
原発をトルコに建設しようとしています。

この点では、日本も同類です。
東日本大震災に伴う、福島第1原発事故を顧みず、
首相自ら営業マンとなり、海外に原発を売り込んで
いるのですからね。

普通の神経では、なかなか理解できないことです。

国内にも大きな問題があります。
2014年4月から消費税増税の実施が、安倍首相から正式に
表明されました。

さらに、2015年9月に再度消費税増税を検討中ということ
で、これも実施される可能性が大です。

消費税増税による消費の冷え込みが濃厚で、
3%の税率アップのうち、2%相当額(5兆円)の経済対策を
行うというのです。
そうであれば、1%アップすればいいではないか、
という意見もあります。

決定してしまったことは仕方がありません。
私たち庶民は無駄な消費をせず、より堅実な生活を
送ることを考えるしか手立てはなさそうです。

2020年東京五輪招致で浮かれている場合では、
ありません。 



記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。
新・大前研一名言集(改)



 


★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク






 
         
ブログ内検索

プロフィール

藤巻 隆

Author:藤巻 隆
本当に役に立つビジネス書のウェブマスター、藤巻隆と申します。
ブログ「新・大前研一名言集」を更新していました。
しかし、最近になってブログサーバーのせいかどうかわかりませんが、新しい記事を書こうとすると入力画面が異常をきたし入力が困難になってきました。
そこで、新しいアカウントでブログのコンテンツを最初から立ち上げることにしました。
よろしくお願いいたします。
 (2007年12月27日)
管理者専用

カウンター

TOTAL:

現在の閲覧者数:

スポンサード・リンク

インターネット広告なら

アクセスランキング

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



株主優待

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
437位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
257位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク





PC モバイル 5万5千人に、
無料で広告配信
無料会員登録で、毎月15回無料配信
有料会員なら、毎月90回無料配信
出来ます。
さらに!ご紹介者お1人につき、
高額報酬!
お急ぎ、ご登録下さい。
詳細・ご登録は 今すぐ!

リンク

このブログをリンクに追加する

新・大前研一名言集(改)

QR

スポンサード・リンク

アクセスランキング

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。