スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『「リーダーの条件」が変わった』 (5)

『「リーダーの条件」が変わった』
「危機の時代」を乗り越える新しい統率力
小学館101新書 2011年9月25日 初版第1刷発行



<目次>
はじめに 能力なきリーダーしかいない日本の不幸

第1章(現状認識)
 東日本大震災でわかった「危機に克つリーダー」の条件
  [スピード]
  1週間でできない「緊急対策」は、1年かけてもできない
  [危機管理力]
  組織のイメージを最小限にする工夫と判断が必要だ
  [行動力と交渉力]
  次世代の国家リーダーに求められる「3つの条件」

第2章(対策)
 組織を元気にするリーダーシップの育て方
  [ビジョナリー・リーダー]
  世界で勝つ企業は人材育成に毎年1000億円かけている

  [中間管理職“再生術”]
  組織を動かすには「“揺らぎ”のシステム」を使いこなせ
  [新・人材教育カリキュラム]
  リーダーシップは“天与”のものではない

第3章(比較研究)
 日本が学ぶべき世界のリーダーシップ
  [イギリス・キャメロン首相①]
  弱冠43歳にしてトップに立ったリーダーはどこが凄いのか?
  [イギリス・キャメロン首相②]
  「グレート・ソサエティ」構想で活かすべき「民の力」
  [ロシア・メドベージェフ大統領]
  「結果を出す指導者」の驚くべき決断力と行動力
  [日本vs中国リーダー比較]
  国民の差ではなくリーダーの差が国家の関係を規定する

第4章(提言)
 私が「リーダー」だったら日本の諸課題をこう乗り越える
  【震災復興】
  「緊急度の掌握」ができなければ非常時のリーダー失格だ
  【電力インフラの再構築】
  原発と送電網は国有化、電力会社は分割して市場開放せよ
  【食料価格の高騰】
世界の農地に日本の農業技術・ノウハウを売り込め
  【水資源争奪戦】
  水道事業を民営化して「水メジャー」並の競争力をつけよ
  【エコカー開発競争】
  劇的な低価格を実現し、世界市場で優位に立つ「新EV革命」
  【財政危機】
  所得税・法人税ゼロの「日本タックスヘイブン化」で経済は蘇る

おわりに 「強いリーダー」は強い反対意見の中から生まれる  
   
 
  [ビジョナリー・リーダー]
  世界で勝つ企業は人材育成に毎年1000億円かけている



 リーダー不在の背景には、議員連盟という弊害もある。私はこれまで何度も議員連盟が主催する「勉強会」なるものに講師として呼ばれているが、勉強すべき議員のセンセイたちはいつも“受け身”だ。遅刻してきて、メモも取らず適当に話を聞き、終了間際に席をたって、次の勉強会に行くのである。
 こういうことを一日中繰り返す国会議員の勉強会は、カフェテリアでつまみ食いをしているようなものだ。

                
(今日の名言 13  通算 532 )

 

 将来のトップを育てるというコンセプトを持っていないのは政界だけではない。経済界も同様である。今の日本企業の中に「リーダーシップ教育」はない。あるのは「職能教育」だけだ。
 たとえば、企業に入社すると、社内文書の書き方から始まり、入社1年目、2年目の教育メニューが決まっている。営業の部署に配属されれば、「相手と話す時は顔より少し下のネクタイの結び目辺りを見るとよい」と、ロボットでも作っているかのような画一的な営業教育が待っている。

                
(今日の名言 14  通算 533 )


 アメリカのGE(ゼネラル・エレクトリック)では「我々の将来はGEのリーダーが何人育つかにかかっている」という考えに基づき、リーダーを創る教育を徹底している。
 この人材育成のためだけにGEは毎年1000億円をかけている。売上高10兆円余の1%に相当する金額だ。そういう時間と労力とコストを費やして、次代を担うリーダーを育てているのである。
 韓国のサムスングループも毎年、売上高10兆円余の1%近くに当たる1000億円を人材育成のために費やしている。若い社員を毎年数百人、アジアや中東、ブラジルなどに送り込み、現地で人脈づくりや語学力の向上、歴史・文化の勉強などに励ませるのだ。

                
(今日の名言 15  通算 534 )



 GEは、御存知の通り発明王エジソンが作った会社です。

 GEがすごい会社であることは、100数十年の歴史を持つ
ダウ工業株30種平均の銘柄から一度も外されたことがない
ことからも分かります。

 新しい会社が出ては消えるという栄枯盛衰が常である中で、
GEはどのような時代であっても輝き続けているのです。

 名経営者として名高い、前GE会長ジャック・ウェルチ氏は、
世界でシェア1位か2位になれる事業しか行わない、
という方針を貫き通しました。 

 GEの現在のCEOはジェフ・イメルト氏ですが、
ジャック・ウェルチ氏が数百人の候補者の中から選び抜いた、
優れた経営者です。

 
 韓国のサムスングループを率いるのは、イ・ゴンヒ氏です。
 イ・ゴンヒ氏は日本で生活し、日本に学んだことを著書の中
で述べています。

 サムスングループは日本に学び、日本の製造業を凌駕する
ようになりました。

 サムスングループの中核企業であるサムスン電子は、
投資額は、日本企業と比べ、一桁多いと言われています。

 日本企業が数百億円の投資なら、その10倍以上の
数千億円相当の投資を行なっているので、
日本企業が太刀打ちできるはずがありません。
 
 GEもサムスングループもリーダー育成のために
1000億円という大金を費やしていることを見ると、
R&D(研究開発費)に投資しているだけではなく、
次世代のための先行投資を行なっていることが分かります。

 パナソニックやソニー、シャープなどのかつて日本を
代表する世界的な企業が凋落してしまったことに、
日本人として、とても悲しく思います。

 昔の輝きをもう一度取り戻してもらいたい、
と切望するのは私だけではないでしょう。

 日本企業はもうダメになってしまったのでしょうか?




記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。
新・大前研一名言集(改)

 



【スポンサード・リンク】




 
スポンサーサイト
         
ブログ内検索

プロフィール

藤巻 隆

Author:藤巻 隆
本当に役に立つビジネス書のウェブマスター、藤巻隆と申します。
ブログ「新・大前研一名言集」を更新していました。
しかし、最近になってブログサーバーのせいかどうかわかりませんが、新しい記事を書こうとすると入力画面が異常をきたし入力が困難になってきました。
そこで、新しいアカウントでブログのコンテンツを最初から立ち上げることにしました。
よろしくお願いいたします。
 (2007年12月27日)
管理者専用

カウンター

TOTAL:

現在の閲覧者数:

スポンサード・リンク

インターネット広告なら

アクセスランキング

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



株主優待

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
230位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク





PC モバイル 5万5千人に、
無料で広告配信
無料会員登録で、毎月15回無料配信
有料会員なら、毎月90回無料配信
出来ます。
さらに!ご紹介者お1人につき、
高額報酬!
お急ぎ、ご登録下さい。
詳細・ご登録は 今すぐ!

リンク

このブログをリンクに追加する

新・大前研一名言集(改)

QR

スポンサード・リンク

アクセスランキング

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。