スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サラリーマン再起動マニュアル』(08)

大前研一は、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前氏の著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私には大前氏の足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 試しに、手帳に書いてある予定を、「超重要=緑、まあまあ重要=貴、あまり重要でない=赤」に色分けしてマーキングしてみよう。そうやって色分けされた手帳をもとに「時間のリストラ」に着手するのだ。
 実はこの「時間のリストラ」のやり方・考え方というのは「企業のリストラ」と同じである。「奇跡のV字回復」などと賞賛された日産自動車のカルロス・ゴーン社長が収益改善のためにやったのは、部品の購買費用と人件費の大幅カットだ。瀕死状態に陥った企業のリストラとしては、ごく当たり前のことをやったにすぎない。重要なのは、ゴーン社長がそれを徹底的に実行させたことである。「時間のリストラ」でも同じように、赤に色分けされるような会議や打ち合わせは、無条件にすべてカットする。ポイントは、黄色の予定も半分はカットすると目標設定して、それを実行することだ。


                      (今日の名言 08  455)


 実行するということに関して、『経営は実行』(ラリー・ポシディ)という本に書かれていることが参考になると思います。戦略を考えることは大事ですが、それを実行しなければ「絵に描いた餅」にすぎません。きわめてシンプルに「実行」するだというのが主旨です。アイデアを出すだけではなく、実行、実行、実行あるのみ。言い換えると「仮説と検証」やPDSCA(Plan,Do,See,Check,Action)と同様です。




    
  


クオリティの高い専門家なら専門家.com
  




こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書


スポンサーサイト

『サラリーマン再起動マニュアル』(07)

大前研一は、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前氏の著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前氏の足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 これから本気で自己改造して再起動しようと思ったら、「時間がない」という言葉は、禁句にしたほうがよい。
 これまで多くの企業では、「時間がない」といえば何でも許されるような雰囲気があった。だが“新大陸”のビジネスでは、この言い訳は通用しない。仕事の大半をeメールや電子会議などのサイバースペースで進めることができる新大陸では、時間の感覚・価値が全く違うからである。


                      (今日の名言 07  454)


 タイムマネジメントの重要性は強調しても強調しすぎることはありません。そういう私も時間に追われ今日も忙しい、とあたふたしてしまうことがあります。よく言われることですが、「忙」という字は「心が亡くなる」と書きます。そうならないように、タイムスケジュールをきちんと立て、優先順位を決め、愚直にこなしていくということだと思います。
 段取りが大切なんですね!
 ただし、自分のためだけの段取りではなく、チームやチームメイトを含めた段取りを考えないといけませんが。部分最適ではなく、全体最適を常に考慮しなくてはなりません。




  


クオリティの高い専門家なら専門家.com
  




こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書


『サラリーマン再起動マニュアル』(06)

大前研一は、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前氏の著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前氏の足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 新大陸時代に伸びる人とは、具体的にはどんな人だろうか?
 象徴的な例は、建築家の安藤忠雄さんである。独学で建築を学んだ安藤さんは、クレヨンと画用紙を渡せば、あれよあれよという間にコンセプトを決めてパース(設計の完成予想図)を描いてしまう。あまりにたやすく描くので「そんな構造で大丈夫なんですか?」と聞いてみたら、「それは俺の仕事やない。東大を出た優秀なやつらが計算すればいいんや」という。ほとんどイメージだけなのだが、そのイメージを描ける建築家は他にいないのだ。


                      (今日の名言 06  453)


 世界的建築家安藤忠雄さんは、地頭がいいということと感性が他の人とはまったく異なるということだと思います。建築学を学校で学んで身につけたのではなく、社会でもまれた経験から学んだということなのでしょう。「机上の空論」ではないということです。その点がいわゆる学者との差だと思います。












こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書


『サラリーマン再起動マニュアル』(05)

大前研一は、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前氏の著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前氏の足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 旧大陸(アナログ時代の古い経済社会)の環境に過剰適応してきた30代後半~40代のサラリーマンが新大陸(デジタル時代の新しい経済社会)で生き残っていくには、どうすればよいのか?
 単にメールやパワーポイントなどのITのノウハウを身につけるだけでは、もはや新大陸の若い世代や情報武装した外国人のスタッフと対等以上に戦ってゆくことはできない。もっと根本的に「自己改造=再起動」するためには、三つの方法しかない。すなわち「お金の使い方」と「時間の使い方」、そして「住む場所」を変えることだ。


                      (今日の名言 05  452)


 私を含め、旧大陸に属していた人たちにとっては非常に厳しい指摘ですが、今からでも遅くないので、一歩踏み出すことが大切であると思います。東日本大震災で多くの被災者のことを考えますと、自分たちはまだまだ甘いと言わざるを得ません。












こちらも御覧ください → 本当に役に立つビジネス書


『サラリーマン再起動マニュアル』(04)

大前研一さん、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前さんの著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前さんの足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 新大陸企業では、メールやイントラネットの発達で中間管理職の意味がなくなり、上司と部下の上下関係も崩れている。私がいたマッキンゼーでは、プロジェクトごとにマネジャーがいて実践部隊のチームを率い、そのプロジェクトについてはそのマネジャーが全責任を負うというやり方をしている。一つのプロジェクトが終わるとチームは解散し、次のプロジェクトではまた新たなチームを編成するのだ。
 新大陸で勝ち残る企業の多くは、プロジェクト・ベースの組織が主流になると思う。なぜなら、新しいものを生み出していくためには、マンネリ化しやすいピラミッド組織ではなく、変化に柔軟かつ素早く対応できるプロジェクト・ベースが適しているからだ。


                      (今日の名言 04  451)


 クロスファンクショナルチーム(組織横断的なチーム)はプロジェクト・べースの組織と同様なものであると思います。縦割りではなく、組織を横串してチーム編成し、柔軟で迅速に行動できることを使命としているからです。さらに、目的が達成できれば解散するという点でも同じです。
日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、硬直した縦割り組織をクロスファンクショナルチームという組織横断的なチームを導入することで迅速に判断・決断・断行できる会社に変え、瀕死の状態だった日産自動車を甦らせたと言われています。
もちろん、クロスファンクショナルチームは、日産自動車を変革した要因の一つに過ぎませんが。













こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書

『サラリーマン再起動マニュアル』(03)

大前研一さんは、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前さんの著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前さんの足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 たとえば現在、URL(ホームページ・アドレス)を持つ人々は世界で10億人にものぼるといわれている。10億の人間がサイバー社会に住んでいるのである。ショートメッセージ程度を送れる携帯人口は20億人に達し、世界人口の実に3人に1人がネットにつながっているのだ。この地殻変動はとてつもなく大きい。そして、あなたはこの新たな大陸に住むのか、住まないのかが、いま問われているのだ。
 ところが、今の30代後半~40代のサラリーマンの大半は、このビジネス新大陸にうまく適応できていない。なぜなのか。
 私にいわせれば、この世代の人たちは二つのミステークを犯している。一つは環境の変化を読み間違えたこと、もう一つは読み間違えた環境(=旧大陸の環境)に過剰適応してしまっていることだ。 


                      (今日の名言 03  450)


こうした指摘は、近著『この国を出よ』(柳井正氏との共著、小学館)の中でも強調しています。

興味をお持ちの方はご参照ください。





    







こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書

『サラリーマン再起動マニュアル』(02)

大前研一さんは、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前さんの著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前さんの足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


[イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 バブル経済崩壊後の日本は、世界第2位(現在は中国に次いで第3位、注:藤巻)の経済大国でありながら、世界の誰からも尊敬されないかわりに文句も言われないという無風状態になった。無風状態とは、言い換えれば「ぬるま湯」である。バブル経済崩壊後17~18年もぬるま湯につかっていたせいで日本は緊張感が全然なくなり、政府はもとより地方自治体も企業も個人も、たるみ切っている。だから、どの部門もトラクションがなくなって日本全体が“フリーズ”しているのだ。
 しかし、そういう状態は、志のあるサラリーマンにとっては大きなチャンスである。周囲がみんなフリーズしている時に「再起動」してグローバルに通用する人材になれば、日本企業はもちろん、世界中の企業で活躍できるからだ。


                      (今日の名言 02  449)


こうした指摘は、近著『この国を出よ』(柳井正氏との共著、小学館)の中でも強調しています。

興味をお持ちの方はご参照ください。





    








こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書

『サラリーマン再起動マニュアル』(01)

今回から『サラリーマン再起動マニュアル』から名言を取り上げます。

大前研一さんは、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前さんの著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前さんの足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、
一歩でも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


[イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 永守社長は1973年に28歳の若さで日本電産を設立し、創業わずか15年目で株式上場を果たしたやり手経営者だ。「情熱・熱意・執念」「知的ハードワーク」「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」の3大精神と整理・整頓・清潔・清掃・躾(しつけ)・作法の「6S」に集約される独自の経営哲学を持ち、今も自らトイレ掃除をしている。京都の本社ビルの立派なロビーの一角には、創業当時の小さな町工場がそのまま再現され、草創期の苦労を今に伝えている。このタイプの創業経営者は常にスケジュールが埋まっていないと不安になり、休みらしい休みを取らないという共通点がある。だから「ゆっくりしたい人は、ほかの会社に行ったらいい」という言葉は、実は自分自身に言い聞かせているのではないかと思う。


                      (今日の名言 01  448)


こうした指摘は、私にとっても耳の痛いことです。甘さがあると指摘されれば、「そのとおりです」と
答える他はありません。

と同時に、名経営者と云われる人たちは「率先垂範し、言行一致している」ということが分かります。











こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書

         
ブログ内検索

プロフィール

藤巻 隆

Author:藤巻 隆
本当に役に立つビジネス書のウェブマスター、藤巻隆と申します。
ブログ「新・大前研一名言集」を更新していました。
しかし、最近になってブログサーバーのせいかどうかわかりませんが、新しい記事を書こうとすると入力画面が異常をきたし入力が困難になってきました。
そこで、新しいアカウントでブログのコンテンツを最初から立ち上げることにしました。
よろしくお願いいたします。
 (2007年12月27日)
管理者専用

カウンター

TOTAL:

現在の閲覧者数:

スポンサード・リンク

インターネット広告なら

アクセスランキング

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



株主優待

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
137位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク





PC モバイル 5万5千人に、
無料で広告配信
無料会員登録で、毎月15回無料配信
有料会員なら、毎月90回無料配信
出来ます。
さらに!ご紹介者お1人につき、
高額報酬!
お急ぎ、ご登録下さい。
詳細・ご登録は 今すぐ!

リンク

このブログをリンクに追加する

新・大前研一名言集(改)

QR

スポンサード・リンク

アクセスランキング

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。