スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロウアーミドルの衝撃』(30)

『ロウアーミドルの衝撃』(30)




 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、今では上流と下流だけの二極に分化しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現状を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



新しいものが生まれてきたら、古いものは自然淘汰されるなどして改革は楽に進む。新しいもののもたらすメリットがわかれば、人々の抵抗は少なくなるからである。もちろんツケは遅れてやってくるから、これから先の中国が安泰だというつもりはない。しかしほかの社会主義国に比べ資本主義社会・市場経済への移行が早く、かつスムーズだったのは、古いものを壊すことよりも、新しいものを生み出す仕掛けを優先したからである。


             今日の名言 1 〈337〉



これからの日本を世界のトップレベルに維持していくために必要な人材は、世界のどこに出しても活躍できる、北欧型人材であろう。世界のどこに出しても、だれと仕事をしても、指導力を発揮し、まただれも思いつかない様な発想ができる人である。語学はもとより、構想力に優れ、各国の文化に造詣が深く、そして論理という世界共通の武器を駆使して仕事を進めることができる人物リーダーである。

   
             今日の名言 2 〈338)



我々は「王位継承(次期首相の任命)」に関して物申さなくてはいけない。少なくとも次の首相は、小泉さんのやってきた「旧世代の悪習の破壊」ではなく、新しいものを生み出すために大胆な第一歩を踏み出してもらわなくてはならない。いつまでも破壊ばかりしていては何も新しいものは出てこない。舌切り雀のたとえで言えば、もう壺の中に(おばあさんの留守中に見つからないようになめなめしてきた)のり----国民のたくわえ----はほとんど残っていないのだ。

      
             今日の名言 3 〈339)



ロウアーミドルの衝撃

次回からは、『即戦力の磨き方』を取り上げます。ご期待ください!


[男性用]川村大地の4ステップリカバリー

[女性用]川村大地の4ステップリカバリー





復縁マインドレボリューション

      
   私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書」
スポンサーサイト

『ロウアーミドルの衝撃』(29)

『ロウアーミドルの衝撃』(29)




 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、今では上流と下流だけの二極に分化しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現状を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



中国も、沿岸部にある6つの地域国家が経済発展のために行ったのは,外資系企業を呼び込み、その力を借りる政策だった。ボーダーレス経済の時代には、こうした「貸席経済」こそが反映への道なのである。


             今日の名言 1 〈334〉



日本が長期衰退の構造から脱すには、市場も社会も解放してヒト・モノ・カネが世界中から集まってくるようにする以外にない。日本に世界から流入してくる資金は年間わずか9000億円(2004年、UNCTAD資料)、ピーク時は3兆円だったが、それもほとんどがリップルウッドなどのハゲタカファンドの類で、直接投資とは言いがたい資金だった。それに比べて、中国には年間7.3兆円(2004年、UNCTAD資料)が海外から流れ込んでいるのである。
金は入ってこない、人も来ないのでは、産業が成長する条件はゼロに等しい。これでは長期衰退を止めることなど不可能である。

   
             今日の名言 2 〈335)



ロウアーミドルクラスの人たちは、もはや「収入が減り、昇進も期待できない」「そのうえ負担ばかりが増えていく」と嘆く犠牲者ではなく、「自分は改革者である」という自覚を持つべきなのである。

      
             今日の名言 3 〈336)



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書」

『ロウアーミドルの衝撃』(28)

『ロウアーミドルの衝撃』(28)




 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、今では上流と下流だけの二極に分化しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現状を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



仮に1000万人を1単位とすると、日本は10~12の道州に分けるのが妥当だろう。道州の区割りの仕方にはさまざまな意見があると思うが、道州がひとつの地域国家として機能するためには、歴史や文化に根ざした地域の一体感が必要である。幸い、日本にはすでに北海道、九州、東北地方、関東地方といった地域区分があるから、それをもとに人口分布や商圏としての特徴、将来性などを重ね合わせて区割りを考えていけばいい。


             今日の名言 1 〈331〉



そうすると、どうしても私がかねてから提案しているような11の「道」の区割りになる。北海道、東北道、関東道、首都圏道、北陸道、中部道、関西道、中国道、四国道、九州道、沖縄道である。ちなみに区割りをすべて「道」と呼ぶのは、日本には古代から大きな地域のまとまりを「道」と呼んできた歴史があるからだ。

   
             今日の名言 2 〈332)



首都圏道は東京、埼玉、神奈川、千葉からなる地域で、人口3300万人余りと規模が大きいが、首都機能を持つ「特別区」として位置づけるべきだと考えている。
逆に沖縄道は人口が130万人ほどしかなく、ひとつの道にするには規模が小さい。しかし、古くから独自の歴史と文化を持ち、今後は東シナ海経済圏の中心として繁栄できる可能性が大いにあるので、あえて独立したエリアとして提案したい。

      
             今日の名言 3 〈333)



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書」

『ロウアーミドルの衝撃』(27)

『ロウアーミドルの衝撃』(27)




 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、今では上流と下流だけの二極に分化しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現状を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



中国が突然走り出したのも偶然ではない。北京の中央集権が1998年に終焉しゅうえんを迎え、「中国連邦」として生まれ変わったからである。そして、インドもまた州別に走り始めて、世界から大注目されるに至っている。繰り返すが、カネは世界中にありあまっているのだ。国民負担を強いないで繁栄を世界から呼び込む能力こそ、21世紀の政治家に要求されるもっとも大切な資質なのである。


             今日の名言 1 〈328〉



日本にとってもっとも適した道州制のあり方はどういったものか。今世界で繁栄している北欧やアイルランド、アメリカやアジアの「地域国家」などの経済活動の単位を測ってみると、ボーダーレス経済における「繁栄の最適単位」は、最小で人口300万人から最大2000万人程度である。

   
             今日の名言 2 〈329)



300万人~2000万人の単位は、国としての規模を立派に持っているから、中央の権限を委譲するのにじゅうぶんな受け皿となる。国は防衛や通貨など、国家統治のために最低限必要なことを行うだけで、後はすべて道州に任せればいい。立法なども、どうしても全国的に統一する必要のある事柄を除いて、基本的には道州ごとに行えるようにすればいいのである。

      
             今日の名言 3 〈330)



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書」

『ロウアーミドルの衝撃』(26)

『ロウアーミドルの衝撃』(26)




 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、今では上流と下流だけの二極に分化しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現状を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



資産税と付加価値税の2本立てなら、高齢者の資産リッチ層が税を負担することになり、若い人にも資産を得るチャンスが生まれるから、非常に公平な税制になるはずだ。税務署の仕事もほとんどなくなるだろう。


             今日の名言 1 〈325〉



世界にはカネが溢れている。納税者のカネではなく、他国のカネで繁栄を海外から呼び込む大競争時代に突入しているのである。そんなとき、世界から日本にはかねがほとんど流れ込んでいない。今の仕掛けが国際的に見てまったく魅力がないからだ。
私が1986年に出版した『新・国富論』で第2次廃藩置県が必要だと説いたが、そのアイデアはまさに今の日本に必要なものだ。

   
             今日の名言 2 〈326)



ヒト、モノ、カネそして情報の流れを、東京経由ではなく、直接自由に出入りさせることができるような政治・経済単位を構築することなのだ。
1985年を境に世界は「新しい経済」の時代に入り、経済のボーダーレス化が進み、それと同時に、国民国家ネーションステートという枠組みの力が弱まり始めた。そして国家に代って「経済発展の単位」として浮上してきたのが、独自性を持つ地域、いわば「地域国家リージョンステート」だった。
私の言う道州制とはすなわち「地域国家」制であり、日本が「新たなる繁栄」を築くためにもっとも適した国家システムなのである。

      
             今日の名言 3 〈327)



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書」

『ロウアーミドルの衝撃』(25)

『ロウアーミドルの衝撃』(25)




 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、今では上流と下流だけの二極に分化しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現状を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



所得への課税をやめて資産に課税することには、2つのメリットがある。ひとつは勤労意欲を湧かせ、勤労世代を元気にすること。もうひとつは資産の流動化を促進することである。


             今日の名言 1 〈322〉



私が考えるもうひとつの税体系は、付加価値税である。消費税のように消費に対して課税するのではなく、製品なりサービスに付加価値が加わる段階で課税する。

   
             今日の名言 2 〈323)



国内における、各段階で生み出された付加価値の総計がGDPだ。日本のGDPは約500兆円あるから、付加価値税を10%に設定すれば50兆円、5%でも25兆円の税収になる。
これに資産課税分の27兆円を足せば、付加価値税10%なら総税収77兆円、5%で52兆円になるから、私の提案する税制なら、付加価値税5%でも現在の総税収を上回ることになる。

      
             今日の名言 3 〈324)



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書」

『ロウアーミドルの衝撃』(24)

『ロウアーミドルの衝撃』(24)




 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、今では上流と下流だけの二極に分化しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現状を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



所得階層の二極化によって日本はM字型社会になり、国民の8割がロウア-ミドルクラス以下の時代になった。平均収入が減少して日本の(給与などの)フローが少なくなり、逆に(個人金融資産などの)ストックはますます増えていく。これはストックを持たない若い世代にとっては極めて不公平な世界である。


             今日の名言 1 〈319〉



ただでさえ若い世代は負担が重く、年金に関しては自分たちが支払った分より少ない額しか貰えない。高齢者を支えるための健康保険や介護保険の負担もさらに重くなる。この状況下で目減りしていく所得に課税しようとすれば、若い世代が反乱を起こす可能性は極めて大だ。

   
             今日の名言 2 〈320)



私の考えでは、基本的には日本には2つの税があればいい。
そのひとつは資産に対する課税である。所得税は現在でもたった14兆円の税収しかないが、今後は国民の所得そのものが減っていくのだから、この部分で増税しようとしても、国民の重税感が増すだけで実際の税収アップ効果は薄い。そもそも所得税を増やそうというコンセプトそのものが、じつは間違いなのである。

      
             今日の名言 3 〈321)



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書」

『ロウアーミドルの衝撃』(23)

『ロウアーミドルの衝撃』(23)




 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、今では上流と下流だけの二極に分化しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現状を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



ボーダーレス経済の中で生きていくためには、日本人は北欧諸国を見習い、もっと使える英語を身につけなければならない。日本語が世界の共通語になっているなら話は別だが今の時代はビジネスの世界はもちろん、世界のどこを旅行するにも、コンピュータを操作するにも英語が使えなければ話にならない。


             今日の名言 1 〈316〉



日本人は学校教育で6年間も勉強していながら英語ができないという、世界でも珍しい人たちだが、それは学校で「英語」を教わっているからだ。北欧では、英語を教えるのではなく、数学や理科を「英語で」学ぶ。だから英語は使えるツールになるのである。やはり英語教育に力を入れている中国では、小学生たちが「とにかく、英語をしゃべれと言われて、口角泡を飛ばしながら壁に向かってとにかくなんでもいいから喋り続けていた。彼らも目的は「英語を身につけて、世界で稼ごう」なのである。

   
             今日の名言 2 〈317)



韓国でも、IMF危機以降は主要大学を中心に英語で行う講義を大幅に増やしている。高麗大学では、6ヵ月間の海外留学をカリキュラムに組み入れているほどである。
一方、日本の生徒たちはテストのために英語を勉強するから、テストが終わるとすぐに忘れてしまう。英語教育の考え方を根本から考え直し、「使える」英語を身につけさせなければ、世界で活躍できる人は生まれてこない。ということは、つまり少子高齢化の日本に黙ってうずくまるしかない。日本人は今こそ世界に飛躍していかなければ、国内だけで今の繁栄を維持することはできないのだ。
これほど因果関係が明らかなのに、21世紀に活躍できる人材育成を国家の最優先課題としていないところに、今の日本の深刻な問題があると私は思っている。

      
             今日の名言 3 〈318)



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書」

『ロウアーミドルの衝撃』(22)

『ロウアーミドルの衝撃』(22)




 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、今では上流と下流だけの二極に分化しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現状を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



地方公務員の中で圧倒的に数が多いのは、じつは教職員である。地方公務員を部門別でみると、308万人の地方公務員のうち115万人を教職員が占めている。しかし、少子化で子供の数が減っているにもかかわらず、学校の教員は他の公務員同様、辞めさせる制度がないためにクビにすることができない。
ある地域では、教員の15%が心身障害などの問題を抱えているが、辞職させることができないため、さらに別の先生をつけて2人態勢で授業を行っている。つまり、コストが2倍かかっているわけだ。


             今日の名言 1 〈313〉



教員免許は一度取得すれば一生失うことがない。しかし適性がなければクビにして、もっと本人に合った別の職種を見つけさせるほうが本人のためだし、なにより生徒のためでもある。
授業をIT化すれば、少なくとも知識を身につけさせるための教師の数は10分の1もいれば事足りる。私は、インターネットを使い、すべて遠隔授業によるサイバー大学院を日本ではじめて設立、運営しているが、もっとも優秀な教師が教えているのだから授業の質は当然高いし、受講生は世界のどこにいても自分に最適なペースで学ぶことができる。インターネットを通じて個別の質問にもきめ細かく対応できるため、効果は非常に高い。

   
             今日の名言 2 〈314)



私が「もし、ひつつだけ改革するとしたら何をやるか」と問われたら、迷わず「教育」と答えるだろう。
今、世界はビル・ゲイツのような1人の天才が経済を動かす時代、人材競争の時代に入っている。ここでいう人材とは、日本でいう「勉強のできる子」「人に言われた通りのことを器用にやる子」ではない。「自分の力で考え、行動できる」自立した人材だ。新しい経済の「見えない大陸」では、自ら未開の大地を開拓していく能力が求められるからである。
今の日本の学校教育では、そうした新しい世の中では役に立たない人間が大量生産されるだけだ。日本が長期衰退から脱却し、新たなる繁栄の道を切り開くためにも、教育改革は最重要のテーマなのだ。

      
             今日の名言 3 〈315)



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書」

『ロウアーミドルの衝撃』(21)

『ロウアーミドルの衝撃』(21)




 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、今では上流と下流だけの二極に分化しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現状を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



労働時間が短いうえに地方公務員はヒマで、役所の窓口などを観察していると、ほとんどの人間は退屈そうにしている。
公務員がヒマな理由は、日本の役所に「整数論」がはびこり、兼任ができない仕組みになっているからである。日本の役所はおおよそ0.3人分の仕事に1人を充てている。0.3人分の仕事を3つやっても0.9だから1人でじゅうぶんさばけるはずだが、その仕事量に対しても、日本の役所では「3人必要」ということになってしまうのだ。
民間企業では1人が複数の業務を兼任するのがふつうで、工場でも1人がいくつもの工程を担当する「多能工」が当たり前になっている。ところが役所の仕組みはそうではない。


             今日の名言 1 〈310〉



たとえば市区町村の役所に行くと、戸籍住民課、税務課、年金保険課、福祉総務課、生活福祉課、高齢者福祉課などいくつもの窓口があり、窓口にはそれぞれ別の担当者がいる。窓口が込み合うことなどめったにないから、窓口業務を兼任することは簡単なはずだが、公務員はそれができないのである。

   
             今日の名言 2 〈311)



公務員は、多能工化することですくなくとも3分の1には減らせる。さらに、次に述べる業務のアウトソーシング化など、業務の集約化をはかることで、少なくとも福祉関係の職員を除けば、公務員の数は10分の1に減らすことができるのだ。

      
             今日の名言 3 〈312)



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書」

ブログ内検索

プロフィール

藤巻 隆

Author:藤巻 隆
本当に役に立つビジネス書のウェブマスター、藤巻隆と申します。
ブログ「新・大前研一名言集」を更新していました。
しかし、最近になってブログサーバーのせいかどうかわかりませんが、新しい記事を書こうとすると入力画面が異常をきたし入力が困難になってきました。
そこで、新しいアカウントでブログのコンテンツを最初から立ち上げることにしました。
よろしくお願いいたします。
 (2007年12月27日)
管理者専用

カウンター

TOTAL:

現在の閲覧者数:

スポンサード・リンク

インターネット広告なら

アクセスランキング

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



株主優待

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
230位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク





PC モバイル 5万5千人に、
無料で広告配信
無料会員登録で、毎月15回無料配信
有料会員なら、毎月90回無料配信
出来ます。
さらに!ご紹介者お1人につき、
高額報酬!
お急ぎ、ご登録下さい。
詳細・ご登録は 今すぐ!

リンク

このブログをリンクに追加する

新・大前研一名言集(改)

QR

スポンサード・リンク

アクセスランキング

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。