スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロウアーミドルの衝撃』(09)

『ロウアーミドルの衝撃』(09)







 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、いまや上流と下流だけといった二極分化の様相を呈しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現況を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



日本人の「持ち家信仰」は、誰もが総中流であるという前提にもとづいて生まれてきたものだ。若い間は給料が安くても、年功序列で昇給・昇進があるから、多少無理をしても30代後半から40代半ばくらいまでには住宅ローンを組み、マイホームを購入する。35年の長期ローンなら、70歳を過ぎてもローンを払い続けなければならない。

              今日の名言 1 〈274〉




日本ではまだまだ持ち家同様「マイカー信仰」が根強く、レンタカーの市場規模は小さい。たしかに昇進・昇給とともにグレードの高い車に買い換えていくという「自動車=ステータスシンボル」意識が薄れ、低価格でもセンスの良いコンパクトカーが人気になってきている。しかしその前に、「そもそも、自分は車を持つ必要があるのか?」という問い掛けをしてみたほうがいいのではないか。
自動車以外に交通手段のない地域は別にして、これだけ公共交通が発達している都市部では、本当に車を必要とするような機会はほとんどない。自動車の購入費以外にも、駐車代が毎月3万円以上、車検の費用や自動車税なども含めれば、維持費だけでも月6万円~7万円はかかる。週に1~2回乗る程度なら、レンタカーを利用するほうがはるかに安くて効率的である。こうした人たちがこぞってレンタカーを利用するようになれば、レンタカー産業が成長し、より安価でより良いサービスを競い合うようになるはずだ。

              今日の名言 2 〈275〉




ドイツ車のGPSは、どれも日本メーカーのものだ。ベンツやBMWのような高級車を買う人でさえGPSは通常つけないから、ドイツにはGPSを作るメーカーがないのである。
自動車に乗る頻度も使い方も、人によってまったく異なる。だからこそ「今どき、みんなつけているから」という理由でなんとなくGPSをつけるのではなく、自分にとってGPSが支出に見合うだけの価値があるかどうかを判断すべきなのである。

              今日の名言 3 〈276〉



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書」

スポンサーサイト

『ロウアーミドルの衝撃』(08)

『ロウアーミドルの衝撃』(08)







 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、いまや上流と下流だけといった二極分化の様相を呈しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現況を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



今、世界は調達競争の時代になっている。アメリカではディスカウントストアが自ら、その商品が世界でもっとも質が良く、なおかつもっとも安いところをリサーチし、直接調達してくる仕組みを作り上げている。中間業者なしで店頭に出すから、製造原価の二倍の価格設定でも利益がちゃんと出る。アメリカではこうした流通革命の過程で、厳しい企業淘汰が起こった。

              今日の名言 1 〈271〉




消費者の購買意識・行動が変わり始めたとはいえ、いまだに多くの人が日本の構造変化に気づかずにいるのが現状だ。収入が減り、負担が増え続ける生活者自身こそがすぐにでも意識を改革し、人生の戦略を立て直さなければならないのである。

              今日の名言 2 〈272〉




日本人の九割が「自分は中流クラス」と思っているように、日本人は長い間、総中流社会の横並びの価値観の中で生きてきた。そのため、自分で自分なりの人生の価値観を築くということをしてこなかった。年功序列でしだいに地位も給料も上がるという前提が崩れ、「もしかすると一生、今のままロウアーミドルで終わってしまうかもしれない」という不安に苛なまれているのである。

              今日の名言 3 〈273〉



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書」

『ロウアーミドルの衝撃』(07)

『ロウアーミドルの衝撃』(07)







 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、いまや上流と下流だけといった二極分化の様相を呈しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現況を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



日本全体を見れば収入が減少しているが、それは企業にとってマイナス面ばかりではない。構造の変化によって生まれてきた新たなマーケットを開拓できるビッグチャンスと考えるべきなのである。

              今日の名言 1 〈268〉




IT化のメリットは、業務を効率化し、店舗費用や人件費の大幅カットを可能にし、ハイタッチなサービスをローコストで提供できるところにある。

              今日の名言 2 〈269〉




日本ではあまり知られていないが、トルコの綿製品はエジプト綿と並んで世界最高級の品質を誇る。しかもトルコでは細かい刺繍の施された絨毯作りの伝統があり、1平方センチメートルあたりの針数が多く、手触りの非常に良い高級感の漂うタオル生地を作ることができる。アメリカではこうした高級なタオルを、ロウアーミドルクラスの人たちが買えるようになっているのである。

              今日の名言 3 〈270〉



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書」

         
ブログ内検索

プロフィール

藤巻 隆

Author:藤巻 隆
本当に役に立つビジネス書のウェブマスター、藤巻隆と申します。
ブログ「新・大前研一名言集」を更新していました。
しかし、最近になってブログサーバーのせいかどうかわかりませんが、新しい記事を書こうとすると入力画面が異常をきたし入力が困難になってきました。
そこで、新しいアカウントでブログのコンテンツを最初から立ち上げることにしました。
よろしくお願いいたします。
 (2007年12月27日)
管理者専用

カウンター

TOTAL:

現在の閲覧者数:

スポンサード・リンク

インターネット広告なら

アクセスランキング

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



株主優待

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
202位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
123位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク





PC モバイル 5万5千人に、
無料で広告配信
無料会員登録で、毎月15回無料配信
有料会員なら、毎月90回無料配信
出来ます。
さらに!ご紹介者お1人につき、
高額報酬!
お急ぎ、ご登録下さい。
詳細・ご登録は 今すぐ!

リンク

このブログをリンクに追加する

新・大前研一名言集(改)

QR

スポンサード・リンク

アクセスランキング

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。