スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロウアーミドルの衝撃』(06)

『ロウアーミドルの衝撃』(06)




 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、いまや上流と下流だけといった二極分化の様相を呈しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現況を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



総中流社会が崩壊し所得階層が二極化したことは、日本のマーケットにも変動をもたらしている。中でも最多数を占める年収300万~600万円のロウアーミドルクラスが、今後さらに拡大してマーケットの大きな核を形成していくことは間違いなく、このことは日本企業の戦略にも大きな影響を与えることになる。

              今日の名言 1 〈265〉




ファッションの分野においては、「ZARA」(スペインINDITEX社のブランド)がロウアーミドルの市場を獲得して一人勝ちしている。六本木ヒルズの住人はアッパーエンドの人たちで、ヒルズには世界の高級ブランド店が集まっているが、押し寄せる若い女性客がどこで買い物をしているかといえば、ZARAなのだ。ZARAは今、買い物客から「六本木ヒルズで一番魅力的な店」とまで評価されているのである。

              今日の名言 2 〈266〉




パラサイトは自分の収入だけでなく、他からの収入を自分の支出に充てることのできる人たちで、「未婚、職持ち、子供なし」で親と同居しているのが典型的なタイプだ。今、35歳の女性の35%が未婚で、さらにそのうち35%が親と同居している。アメリカでは20歳を過ぎて親と一緒に住んでいるのは「気持ち悪い」と思われるが、日本ではこのセグメントが増え続けているのである。自分自身の収入はロウアーミドルからロウアークラスだが、家賃が必要なく、食事も親に厄介になっているために選択的消費・支出に使えるお金は相当ある。彼らの人口は、推計で1200万人を超え、しかも20代、30代の人口に占める割合は今後増えていくものと予想される。

              今日の名言 3 〈267〉



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書」

スポンサーサイト

『ロウアーミドルの衝撃』(05)

『ロウアーミドルの衝撃』(05)







 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、いまや上流と下流だけといった二極分化の様相を呈しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現況を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



日本以外には中位数年齢が50歳を超える国はない。とりわけアメリカは40歳にも満たない。
過疎化の進んだ地方の町や村に行くと、若者の姿をほとんど見かけず、高齢者にしか出会わないような場所があるが、イメージとしては日本全体がそうした活気のない、どんよりした国になってしまうということだ。

              今日の名言 1 〈259〉




2004年における日本の生産年齢人口(15~64歳)は8500万人、これに対して65歳以上の高齢者人口は2500万人だから、生産年齢人口3.4人で1人の高齢者を支えている計算である。それが2025年には、少子化によって生産年齢人口が7200万人に減少。一方高齢者人口は1000万人増えて3500万人になり、勤労世代2人で1人の高齢者を支えなければならないことになる。

              今日の名言 2 〈260〉




私は税金の問題を一発で解決する案を持っている。それはけっして奇策ではなく、日本の新しい社会構造、質的変化に対応したものだ。日本が長期衰退から抜け出すには、サラリーマンにのみ負担増を求めるという旧来の発想を根本から改め、新しい世界、新しい日本の構造変化にマッチした徴税システムを創り出さなければならないのである。

              今日の名言 3 〈261〉



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書」

『ロウアーミドルの衝撃』(04)

『ロウアーミドルの衝撃』(04)







 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、いまや上流と下流だけといった二極分化の様相を呈しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現況を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



所得格差の拡大にともなう所得階層の二極化、とりわけロウアーミドルクラス以下が国民の大半を占めることが及ぼす影響は、ここの生活にとどまらない。マーケットの劇的な変化を引き起こし、企業戦略の転換や組織体系の改編を促すとともに、日本の社会や国家の仕組みそのものにも大きな変革をもたらすことになる。

              今日の名言 1 〈256〉




日本の大多数を占めていたミドルクラスが崩壊し、ロウアーミドル以下の層とアッパー層に完全に二極化し、所得階層の分布がM字型を描く「M字型社会」に移行していることは明らかなのだ。アメリカではレーガン革命以降、こうした傾向が特に顕著になったが、日本も20年遅れてこの流れを踏襲していると言える。

              今日の名言 2 〈257〉




成果主義の導入や終身雇用制度の廃止などにより、勤続年数にしたがって昇進・昇給していく「年功序列」の常識が崩壊したことも、所得格差拡大の大きな要因のひとつである。

              今日の名言 3 〈258〉



ロウアーミドルの衝撃







      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書」

『ロウアーミドルの衝撃』(03)

『ロウアーミドルの衝撃』(03)







 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、いまや上流と下流だけといった二極分化の様相を呈しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現況を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



今の日本には1400兆円の個人金融資産があるのだから、金利を上げたほうが景気は良くなる。金利を下げるのは、銀行や一部の企業を救済する、これまた提供者の論理だ。
1%金利が上がれば、個人部門の収入は14兆円増える。常識的な4~5%の金利水準が維持されれば、年間50兆~70兆円ものカネが市場に出てくる。政府部門のできるどんな景気対策よりも効果が大きいのだ。

              今日の名言 1 〈253〉




日本にとって最悪のシナリオは、国債の暴落である。国と地方の債務と短期債務、財投債を合わせた政府の債務残高は、2004年度ですでに1000兆円を超えている。それを支える国債が暴落すれば、日本の国家財政そのものが破綻してしまう。2001年末にアルゼンチンの国債がデフォルトを起こしたのと同じような事態が起き、年率4ケタの超インフレが発生して、日本政府が金融緊急措置法を発令して預金封鎖するといった最悪のケースも、絶対にないとは言えないのである。

              今日の名言 2 〈254〉




所得格差の拡大にともなう所得階層の二極化、とりわけロウアーミドルクラス以下が国民の大半を占めることが及ぼす影響は、個々の生活にとどまらない。マーケットの劇的な変化を引き起こし、企業戦略の転換や組織体系の改編を促すとともに、日本の社会や国家の仕組みそのものにも大きな変革をもたらすことになる。

              今日の名言 3 〈255〉



ロウアーミドルの衝撃





      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書」

         
ブログ内検索

プロフィール

藤巻 隆

Author:藤巻 隆
本当に役に立つビジネス書のウェブマスター、藤巻隆と申します。
ブログ「新・大前研一名言集」を更新していました。
しかし、最近になってブログサーバーのせいかどうかわかりませんが、新しい記事を書こうとすると入力画面が異常をきたし入力が困難になってきました。
そこで、新しいアカウントでブログのコンテンツを最初から立ち上げることにしました。
よろしくお願いいたします。
 (2007年12月27日)
管理者専用

カウンター

TOTAL:

現在の閲覧者数:

スポンサード・リンク

インターネット広告なら

アクセスランキング

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



株主優待

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
437位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
257位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク





PC モバイル 5万5千人に、
無料で広告配信
無料会員登録で、毎月15回無料配信
有料会員なら、毎月90回無料配信
出来ます。
さらに!ご紹介者お1人につき、
高額報酬!
お急ぎ、ご登録下さい。
詳細・ご登録は 今すぐ!

リンク

このブログをリンクに追加する

新・大前研一名言集(改)

QR

スポンサード・リンク

アクセスランキング

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。