スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロウアーミドルの衝撃』(02)

『ロウアーミドルの衝撃』(02)







 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、いまや上流と下流だけといった二極分化の様相を呈しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現況を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



今の日本では、お金がジャブジャブになってもモノが流通していない。経済がカネを吸収しないのだ。その理由は三つ。モノをあまり必要としない高齢者の増加(人口分布の変化)、在庫を必要としないジャスト・イン・タイムの生産方式への転換(法人部門の変化)、将来への不安からモノよりカネを握っておこうとする消費者心理(個人部門の変化)である。つまり、経済学が前提としていない状況が、今の日本では三つ重なって起こっているのだ。

              今日の名言 1 〈250〉




今、日本でデフレと呼ばれる現象が進んでいる原因は、第一にボーダーレス化による影響である。ボーダーレス化が進んで、資金やモノの流通が簡単に国境を越えるようになると、もともとモノの価格が高かったところには、世界中から良質かつ低価格のモノが流れ込んでくるようになる。我々が今「デフレ」と呼んでいるのは、じつはデフレではなく、歴史的な視点で見れば「物価の正常化プロセス」にすぎないのである。

              今日の名言 2 〈251〉




事の本質がボーダーレス化とサイバー化による「価格の正常化プロセス」であるとわかれば、いくら回復を待っていても価格下落の流れは止まらないし、ましてインフレターゲット論などはナンセンス極まりないことが理解できるはずだ。

              今日の名言 3 〈252〉



ロウアーミドルの衝撃





      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書」

スポンサーサイト

『ロウアーミドルの衝撃』(01)

『ロウアーミドルの衝撃』(01)







 「自分のことを中流」と考える日本人がかつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

 しかし、いまや上流と下流だけといった二極分化の様相を呈しています。派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

 そうした現況を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が『ロウアーミドルの衝撃』です。

 現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を描けるようになりたいものです。



今、日本がすぐにでも取り組まなければならないのは、現象ではなく原因を直すこと、病の原因を根本から取り除くことなのである。

              今日の名言 1 〈247〉




「黙っていても昇進と昇格がある」という戦後の日本社会の大前提も、もろくも崩れてしまった。サラリーマンは平均的には四十代あたりが給料のピークで、以降昇進もなければ昇給もないことを覚悟しなくてはならない。今、我々が取り組まなければいけないのは、この現実に即した人生設計の構築なのである。

              今日の名言 2 〈248〉




二十一世紀経済の最大の特徴は、国民国家から地域国家への移行である。すでに自立した地域が世界の各地域とあらゆる経済交流をし、繁栄を築いている。これは日本の強固な中央集権制への重大な警告である。官僚を五%減らすとか、政府系金融機関をひとつにするといった「モグラ叩き」ではとうてい解決しない。日本は今、統治機構そのものを正面から変えていく必要に迫られているのだ。

              今日の名言 3 〈249〉



ロウアーミドルの衝撃





      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書」

『50代からの選択』(20)

『50代からの選択』(20)




 私は6月末(2009年)で54歳になりました。その意味で、このタイトルの本は自分の半生を振り返る機会を与えてくれた本ですし、後半生を生き抜いていくためのよすがともなりました。

 「人生とは何ぞや」をご一緒に考えてみませんか。

 『50代からの選択』(初版 2004年11月10日 集英社)は、<ビジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか>というサブタイトルが示すように、自分の人生を真剣に考えるきっかけを与えてくれます。50代のかただけではなく、実は20代、30代、40代のかたにも読んでいただきたい本です。



僕の人生は、「ああ、しあわせな人生だった」と悔いを残さずに死ねるような生き方をしたい、ということ。感動するようなきれいな場所で、「ああ、しあわせだった」と死にたいものである。

              今日の名言 1 〈244〉




退職時に奥さんから離婚を切り出されたら、それはもう自分に甲斐性がなかったということで、奥さんの勤務評定を潔く受け入れるしかないだろう。
オレのことはだれが看取ってくれるんだ、介護が必要になったら、どうする?などと取り乱してはいけない。
奥さんは看護師でもなければ介護士でもないのだから、そういうことは金を出してだれかを雇うか、国の制度を利用するしかない。そのぐらいはあきらめなくては。
相手が結論を出しているのだから、素直に受け入れ、気持ちを切り替えて、男同士のつきあいを拡げていくしかないだろう。
奥さんは気づいていないだろうが、このぐらいの年になると、意外にも、男は、男の仲間といるのが一番楽しいものだ。僕も、何日も一緒に過ごしていても何時間話をしても飽きないヤツがいる。
自由で身軽になった男は、輝いて見えるはずだから、また新しい出会いがあるかもしれない。
ここは元気に前向きに生きていくしかないだろう。

              今日の名言 2 〈245〉




50代の人には、ぜひ『マイライフ』を読むことをお勧めしたい。
読んだら『マイライフ』の自分バージョンを書いてみるといい。
クリントンみたいに900ページも書かなくていいから、9ページでいいから、書いてみるといい。
そして、自分の『マイライフ』が書けたら、そこから今後30年間の「マイライフ・インザフューチャー」について考えてみよう。
そのとき、自分がどうなりたいかを強く強く思うことが大切だ。
松下幸之助さんと稲盛和夫さんは、共通して「願望持たな、あきまへんで」と言っている。成功したいと思ったら、強い思いを、持たなくてはいけません、と、そればかりを言っているのだ。
50歳であなたの『マイライフ』を書き、「マイライフ・インザフューチャー」に強い思いを持つ。
そうすれば、あなたは死ぬときに、「ああ、オレの人生は良かった」「すべての人に感謝したい」と言う思いを残せるのではないか。

              今日の名言 3 〈246〉


マイライフ クリントンの回想 MY LIFE by Bill Clinton 上

マイライフ クリントンの回想 MY LIFE by Bill Clinton 下



『50代からの選択』は今回をもって終了します。長い間おつきあいくださりありがとうございました。

次回からは、ロウアーミドルの衝撃の中から名言を取り上げます。

ご期待ください!



50代からの選択


      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書」

『50代からの選択』(19)

『50代からの選択』(19)




 私は6月末(2009年)で54歳になりました。その意味で、このタイトルの本は自分の半生を振り返る機会を与えてくれた本ですし、後半生を生き抜いていくためのよすがともなりました。

 「人生とは何ぞや」をご一緒に考えてみませんか。

 『50代からの選択』(初版 2004年11月10日 集英社)は、<ビジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか>というサブタイトルが示すように、自分の人生を真剣に考えるきっかけを与えてくれます。50代のかただけではなく、実は20代、30代、40代のかたにも読んでいただきたい本です。



資格というものは、とっただけですぐに商売になりますというものではない。取得後インターンみたいなことをやり、経験を積んで独り立ちするというプロセスが必要なものがほとんどだ。だから、50歳を過ぎてから、資格試験の勉強をするのは、はっきり言って時間のムダである。

              今日の名言 1 〈241〉




50代が必死で勉強しなければいけないのは、資産運用である。資産運用には、これからの生活がかかっている。大学受験に費やしたのと同じくらいのエネルギーを傾けて勉強すべきではないか。

              今日の名言 2 〈242〉




都心に行くか、田舎に行くか、これが50代の大きな決断となる。
実は、老後の計画を立てるとき、一番重要になってくるのは住む場所だ。住む場所が行動範囲を決めるし、つきあう友達を決める。
老後をだれとどんなふうに生きたいか、何をやって過ごしたいか。住む場所を決めるにあたっては、このあたりまでを考えておかなければならない。

              今日の名言 3 〈243〉



50代からの選択


      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書」

『50代からの選択』(18)

『50代からの選択』(18)




 私は6月末(2009年)で54歳になりました。その意味で、このタイトルの本は自分の半生を振り返る機会を与えてくれた本ですし、後半生を生き抜いていくためのよすがともなりました。

 「人生とは何ぞや」をご一緒に考えてみませんか。

 『50代からの選択』(初版 2004年11月10日 集英社)は、<ビジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか>というサブタイトルが示すように、自分の人生を真剣に考えるきっかけを与えてくれます。50代のかただけではなく、実は20代、30代、40代のかたにも読んでいただきたい本です。



サラリーマン社会だけしか知らない人間は、それが異常だと言うことになかなか気づけない。囲碁クラブのおじいさんたちが、傍目には気持ちが悪くても、本人たちがうれしそうなのはそのせいなのだ。

              今日の名言 1 〈238〉




50歳のあなたはサラリーマン社会にすでに25年以上も身を置いている。自分から意識的に外に出て、いろいろな仲間と出会い、つきあいを多様化させる努力が必要だ。

              今日の名言 2 〈239〉




とにかく退職後は、リスクを抱え込まない、新たな借金をしない。仕事は趣味と考える。欲を出して儲けようと思わない、これが大原則なのである。

              今日の名言 3 〈240〉



50代からの選択


      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書」

『50代からの選択』(17)

『50代からの選択』(17)




 私は6月末(2009年)で54歳になりました。その意味で、このタイトルの本は自分の半生を振り返る機会を与えてくれた本ですし、後半生を生き抜いていくためのよすがともなりました。

 「人生とは何ぞや」をご一緒に考えてみませんか。

 『50代からの選択』(初版 2004年11月10日 集英社)は、<ビジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか>というサブタイトルが示すように、自分の人生を真剣に考えるきっかけを与えてくれます。50代のかただけではなく、実は20代、30代、40代のかたにも読んでいただきたい本です。



10個のうち半分は、文化の香りのするインドア系が必要だ。インドアなら天候に左右されないし、体力が衰えてからも続けることができる。

              今日の名言 1 〈235〉




飲み友だちは会社の同僚、休みの日はつきあいゴルフというように、サラリーマン同士でつるんでいる人の老後は、間違いなく非常に退屈なものになる。在職中にサラリーマンとしかつきあってこなかったら、退職後はその関係をひきずるしかない。類が友を呼んで固まったら、そのままフリーズしてしまうのだ。

              今日の名言 2 〈236〉




50歳になったら意識的に仲間を変えるべきなのだ。仲間を変えてサラリーマンの均質社会から抜け出す準備をしなければ。それをせずに定年まで行ってしまったら、仲間とともにフリーズして老後を過ごすしかなくなってしまう。

              今日の名言 3 〈237〉



50代からの選択


      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書」

 『50代からの選択』(16)

『50代からの選択』(16)




 前回更新から日にちが経ちました。

 私は6月末(2009年)で54歳になりました。その意味で、このタイトルの本は自分の半生を振り返る機会を与えてくれた本ですし、後半生を生き抜いていくためのよすがともなりました。

 「人生とは何ぞや」をご一緒に考えてみませんか。


  
 『50代からの選択』(初版 2004年11月10日 集英社)は、<ビジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか>というサブタイトルが示すように、自分の人生を真剣に考えるきっかけを与えてくれます。50代のかただけではなく、実は20代、30代、40代のかたにも読んでいただきたい本です。



老後への思いは、顔に出る。第2の人生の充実した計画を持ち、オレはまだまだいけるぞ、という気持ちでいれば、50歳からの25年、30年は、元気でめいっぱい走れるだろう。そういう人の顔は若々しく、輝いているはずだ。会社人間はたいてい65歳の退職と同時にしょぼくれる。だが、50歳で成仏し第2の人生に向ければ、75歳、80歳まで輝けるのである。

              今日の名言 1 〈232〉




オールクリアしろ、成仏しろ、と繰り返し僕が述べているのは、その方がずっと生きていきやすいからだ。50歳にもなって、ファイティングポーズ丸出しで生臭く生きるより、成仏して自分の楽しみを追求した方が、ほとんどの人にとっては幸せだと思う。

              今日の名言 2 〈233〉




今の時点で10個上げるのは無理であっても、60歳、65歳になったとき、「やりたいことが10個以上ある」ことは、その後の人生を充実させるための最低ラインである。
やはり春夏秋冬、朝昼晩、雨の日も晴れた日も何かしら楽しめるものを、と考えると10個くらいないともたないのだ。

              今日の名言 3 〈234〉





      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書」

         
ブログ内検索

プロフィール

藤巻 隆

Author:藤巻 隆
本当に役に立つビジネス書のウェブマスター、藤巻隆と申します。
ブログ「新・大前研一名言集」を更新していました。
しかし、最近になってブログサーバーのせいかどうかわかりませんが、新しい記事を書こうとすると入力画面が異常をきたし入力が困難になってきました。
そこで、新しいアカウントでブログのコンテンツを最初から立ち上げることにしました。
よろしくお願いいたします。
 (2007年12月27日)
管理者専用

カウンター

TOTAL:

現在の閲覧者数:

スポンサード・リンク

インターネット広告なら

アクセスランキング

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



株主優待

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
24位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク





PC モバイル 5万5千人に、
無料で広告配信
無料会員登録で、毎月15回無料配信
有料会員なら、毎月90回無料配信
出来ます。
さらに!ご紹介者お1人につき、
高額報酬!
お急ぎ、ご登録下さい。
詳細・ご登録は 今すぐ!

リンク

このブログをリンクに追加する

新・大前研一名言集(改)

QR

スポンサード・リンク

アクセスランキング

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。