スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『50代からの選択』(8)

『50代からの選択』(8)




 
 私は6月末(2006年)で51歳になりました。その意味で、このタイトルの本は自分の半生を振り返る機会を与えてくれた本ですし、後半生を生き抜いていくためのよすがともなりました。

 「人生とは何ぞや」をご一緒に考えてみませんか。



  
 『50代からの選択』(初版 2004年11月10日 集英社)は、<ビジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか>というサブタイトルが示すように、自分の人生を真剣に考えるきっかけを与えてくれます。50代のかただけではなく、実は20代、30代、40代のかたにも読んでいただきたい本です。



自分が長けている領域は、財務なのか、人事なのか、経理なのか、それとも技術なのか。棚卸しによってそれが見えてきたら、今度は得意分野に領域を絞り、そこで何ができるのかを考え、実行する。

              今日の名言 1 〈208〉




何があっても食っていけるぞ、というものを探しておいて損はないだろう。

              今日の名言 2 〈209〉




実は人間性というものは、権限のない人間にとっては唯一の武器だ。都会の大企業で50歳のあなたが、警戒心を持たれずに地方の会社に採用されるのも人間性だろうし、権限を持たないよそ者のあなたがグループを動かそうとしたら、それは人間性を持って動かすしかないのだから。

              今日の名言 3 〈210〉





      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」

スポンサーサイト

『50代からの選択』(7)

『50代からの選択』(7)




 
 私は6月末(2006年)で51歳になりました。その意味で、このタイトルの本は自分の半生を振り返る機会を与えてくれた本ですし、後半生を生き抜いていくためのよすがともなりました。

 「人生とは何ぞや」をご一緒に考えてみませんか。



  
 『50代からの選択』(初版 2004年11月10日 集英社)は、<ビジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか>というサブタイトルが示すように、自分の人生を真剣に考えるきっかけを与えてくれます。50代のかただけではなく、実は20代、30代、40代のかたにも読んでいただきたい本です。



あなたは今、会社では不遇かもしれない。でも、会社でどんな目に遭おうが、トータルに見れば、あなたの人生はOKなのだ。それだけでもう十分ではないかと僕は言いたい。

              今日の名言 1 〈205〉




まず、最初にあなたがすべきことは、会社に対しての無限の感謝である。会社は、さしたる個性もなく、凡庸な才能しか持ち合わせていないあなたに、月々きちんと給料を払い続けてくれたのである。そのおかげであなたはこうやって平穏無事に今日まで過ごすことができた。そのことに対して、心からありがたいと思わなくてはいけない。

              今日の名言 2 〈206〉




サラリーマンなんて突出した才能なしでもなんとか務まる商売だ。特別の才能なしでもできる商売で、才能にあふれた一流の音楽家や傑出した能力を持つプロのスポーツインストラクターと同じくらいの給料を稼いでしまう。
だから、あなたは自分がいかに恵まれた環境にあるのかを、思い知るべきだ。

              今日の名言 3 〈207〉



      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」

『50代からの選択』(6)

『50代からの選択』(6)
 私は6月末(2006年)で51歳になりました。その意味で、このタイトルの本は自分の半生を振り返る機会を与えてくれた本ですし、後半生を生き抜いていくためのよすがともなりました。  「人生とは何ぞや」をご一緒に考えてみませんか。     『50代からの選択』(初版 2004年11月10日 集英社)は、<ビジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか>というサブタイトルが示すように、自分の人生を真剣に考えるきっかけを与えてくれます。50代のかただけではなく、実は20代、30代、40代のかたにも読んでいただきたい本です。

リセットするということは、それまでのことについては敗北を認めるということである。負けました、ここまででおしまいにします、と、一度メモリーを全部クリアにする、ゼロにする英語ではunlearnというのだが、頭をからにしちゃう。そうすると、次にくる新しいものをスーッと吸収できる状態になる。つまり、リセットは次に新しいことに取り組むために欠かせないステップというわけだ。

              今日の名言 1 〈202〉

今、35歳を過ぎても親と同居しているパラサイトシングルが、三分の一を占めるという。親元に住んで、金のある親のすねをかじり続け、いつまでも親に生活の面倒を見てもらっているこの人たちにとっては、年金制度改革など切実な問題ではない。

              今日の名言 2 〈203〉

僕はクーデターを起こすのではなく民主主義のもとで戦う限り、つまり選挙で決める限り、年寄りが勝つと思う。なぜなら、先に述べたように日本では投票率と年齢が連動し、65歳の人の65%は投票所に行くが25歳は25%しか足を運ばない。年代別の有権者数に投票率を掛け合わせると、既得権者である年寄りが圧倒的なマジョリティとなるからだ。

              今日の名言 3 〈204〉           私のサイトです ⇒       「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」

『50代からの選択』(5)

『50代からの選択』(5)




 
 私は6月末(2006年)で51歳になりました。その意味で、このタイトルの本は自分の半生を振り返る機会を与えてくれた本ですし、後半生を生き抜いていくためのよすがともなりました。

 「人生とは何ぞや」をご一緒に考えてみませんか。



  
 『50代からの選択』(初版 2004年11月10日 集英社)は、<ビジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか>というサブタイトルが示すように、自分の人生を真剣に考えるきっかけを与えてくれます。50代のかただけではなく、実は20代、30代、40代のかたにも読んでいただきたい本です。


今の50代以上の世代は、戦後の焼け野原の中から育ってきているので、失うことを恐れず、できないことはないという勢いがある。それよりも一つ上の、戦中派世代は、戦争の苦しみも経験しているから、忍耐力があり、常に物事を前向きに考えられるのが特徴だ。

              今日の名言 1 〈199〉




都市に住む若い人たちが、もっとイデオロギー的に目覚め、虐げられた怒りを政治の方向に向けるようになったときに、日本丸は再浮上し始める、と僕は踏んでいる。これこそが、僕が以前目指し、そして、失敗したことなのだけれど。政治も、この層の人々を幸せにしようとすれば本当に見違えるようにこの国は良くなるのだ。

              今日の名言 2 〈200〉




自分の持ているものが55ある。そのうち50はこのまま持っていれば今後生かせるかもしれない。それでも、あえて一度切り捨ててゼロにする、これがリセットである。使い道があるかもしれないから50からスタートします、というのは、引き算であってリセットではない。
こんなに変化の激しい時代を、中途半端な引き算で渡っていこうとしたら、捨てられないものばかりが増えてしまい、結局は身動きがとれなくなる。とっとと走れる状態でいることが、会社にも個人にも必要だ。

              今日の名言 3 〈201〉





      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」

『50代からの選択』(4)

『50代からの選択』(4)





 私は6月末(2006年)で51歳になりました。その意味で、このタイトルの本は自分の半生を振り返る機会を与えてくれた本ですし、後半生を生き抜いていくためのよすがともなりました。

 「人生とは何ぞや」をご一緒に考えてみませんか。



  
 『50代からの選択』(初版 2004年11月10日 集英社)は、<ビジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか>というサブタイトルが示すように、自分の人生を真剣に考えるきっかけを与えてくれます。50代のかただけではなく、実は20代、30代、40代のかたにも読んでいただきたい本です。


今回はハンバーガーを日本に根づかせた日本マクドナルド社元会長、藤田 田(ふじた・でん)氏について語っている個所です。


藤田さんは、社長を退いて会長のなり、翌年にはその会長職も退いて、2004年4月に78歳で亡くなった。僕はすごく驚いたのだけれど、30年かけてあそこまでの会社をつくりあげた人物に対して、社葬ひとつない。マクドナルドよ、それはないだろうと、たいへんな憤りを感じた。それほど藤田さんが会社と揉めてしまっていたということなのだろうが、アメリカのマクドナルド社は、葬式ぐらい社葬として行い、日本一のファーストフードを育て上げた功績を讃え、感謝を表わすべきだったのではないか。それが人間的な対応というものではないかと僕は思ったものだ。

              今日の名言 1 〈196〉




そもそも経営者には、「寿命」というものがあると僕は考えている。それは「時代」「年代」「世代」によって形成された世の中の価値観と密接に関わっているのである。

              今日の名言 2 〈197〉




藤田さんの例をあげるまでもなく、個性の強い創業社長の引き際は難しい。信頼出来る後継者が育っていなければ、それこそ、60代になっても70代になってもバトンタッチできず、走行しているうちに改革に失敗したり、ワンマン社長への不満が内部から噴出してきたりして、辞任に追い込まれる、ということにもなりかねない。

              今日の名言 3 〈198〉





      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」

『50代からの選択』(3)

『50代からの選択』(3)




 
 私は6月末(2006年)で51歳になりました。その意味で、このタイトルの本は自分の半生を振り返る機会を与えてくれた本ですし、後半生を生き抜いていくためのよすがともなりました。

 「人生とは何ぞや」をご一緒に考えてみませんか。



  
 『50代からの選択』(初版 2004年11月10日 集英社)は、<ビジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか>というサブタイトルが示すように、自分の人生を真剣に考えるきっかけを与えてくれます。50代のかただけではなく、実は20代、30代、40代のかたにも読んでいただきたい本です。


変革期に新しいことを始めようとするときにものをいうのは、古い知識や経験に縛られず、それまでのやり方に疑問を投げかけ、思い切って新しいものに懸ける行動力である。
こんな時代は、やっぱり若い者勝ち、古い秩序の染色体が入り込んだ人たちの過去の経験では通用しないのだ。

              今日の名言 1 〈193〉




世の中は変わったのである。失うものをもたず、しがらみにとらわれず、狭く深くやった者が勝つ。これがデジタル社会のルールだ。

              今日の名言 2 〈194〉




デジタル社会は、「総合」とは対極にある狭く深い世界である。そして、ここでは、失うもののない人間が、思い切りよく自分の世界を極めていく。これが必勝パターンなのである。

              今日の名言 3 〈195〉





      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」


『50代からの選択』(2)

『50代からの選択』(2)




 
 私は6月末(2006年)で51歳になりました。その意味で、このタイトルの本は自分の半生を振り返る機会を与えてくれた本ですし、後半生を生き抜いていくためのよすがともなりました。

 「人生とは何ぞや」をご一緒に考えてみませんか。



  
 『50代からの選択』(初版 2004年11月10日 集英社)は、<ビジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか>というサブタイトルが示すように、自分の人生を真剣に考えるきっかけを与えてくれます。50代のかただけではなく、実は20代、30代、40代のかたにも読んでいただきたい本です。


マッキンゼーは、個人の技能で勝負する会社なので、チームプレーで食っていく日本的な会社で染みついた癖はじゃまにしかならない。

              今日の名言 1 〈190〉




サラリーマンとしての勝負はすでについてしまったのだ。あなたの年齢が、現在40代の後半以降で、まだ頭角を現すことができないでいるなら、今後、にわかに頭角を現すチャンスは、残念ながら、どんなに待っても巡ってくることはないだろう。

              今日の名言 2 〈191〉




何しろ今の60代と50代以下とでは競争環境がまったく違うのだ。今の50代以下は、上の世代が50代だったときに比べると、出世のチャンスは極めて小さく、リストラで肩たたきされる危険性も極めて高い。

              今日の名言 3 〈192〉





      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」

『50代からの選択』(1)

『50代からの選択』(1)





 私は6月末(2006年)で51歳になりました。その意味で、このタイトルの本は自分の半生を振り返る機会を与えてくれた本ですし、後半生を生き抜いていくためのよすがともなりました。

 「人生とは何ぞや」をご一緒に考えてみませんか。



  
 『50代からの選択』(初版 2004年11月10日 集英社)は、<ビジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか>というサブタイトルが示すように、自分の人生を真剣に考えるきっかけを与えてくれます。50代のかただけではなく、実は20代、30代、40代のかたにも読んでいただきたい本です。




大経営者の共通項とは、学歴ではなく、彼らがいずれも傑出したアイデアマンであり、ほとんどが20代で思い思いの会社を興しているということなのだ。

              今日の名言 1 〈187〉




戦後の大経営者たちが、いずれも30代という時期に、集中的に会社の原型をつくり上げ、経営者として花開いているのは、決して偶然ではない。30代という年齢が、成功に向けて100%の態勢で突入できるまたとない時期だったからなのである。

              今日の名言 2 〈188〉




会社組織であれ、官僚組織であれ、年功序列型の組織におけるステップは、知識や力量に応じてステップアップしていくものではない。だから、こう言っちゃ何だが、上に行くほど実務面では役立たずばかりということになる。

              今日の名言 3 〈189〉





      
   私のサイトです ⇒ 
     「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」


         
ブログ内検索

プロフィール

藤巻 隆

Author:藤巻 隆
本当に役に立つビジネス書のウェブマスター、藤巻隆と申します。
ブログ「新・大前研一名言集」を更新していました。
しかし、最近になってブログサーバーのせいかどうかわかりませんが、新しい記事を書こうとすると入力画面が異常をきたし入力が困難になってきました。
そこで、新しいアカウントでブログのコンテンツを最初から立ち上げることにしました。
よろしくお願いいたします。
 (2007年12月27日)
管理者専用

カウンター

TOTAL:

現在の閲覧者数:

スポンサード・リンク

インターネット広告なら

アクセスランキング

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



株主優待

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
202位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
123位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク





PC モバイル 5万5千人に、
無料で広告配信
無料会員登録で、毎月15回無料配信
有料会員なら、毎月90回無料配信
出来ます。
さらに!ご紹介者お1人につき、
高額報酬!
お急ぎ、ご登録下さい。
詳細・ご登録は 今すぐ!

リンク

このブログをリンクに追加する

新・大前研一名言集(改)

QR

スポンサード・リンク

アクセスランキング

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。