スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『考える技術』(19)

『考える技術』(19)




 『考える技術』(初版 2004年11月4日 講談社)は、大前氏の考え方のフレームワーク(枠組み)のエッセンスを述べた本です。

 教育には『知育』『体育』『徳育』があります。どれか一つに偏ってはいけません。『知育』を一つをとっても、憶えるだけの詰め込み教育では応用が利きません。

 大前氏が言うようなパスファインダー、道なき道を進むためには徹底的に『考える』という訓練が不可欠です。


 ものごとが起こる前には必ず「予兆」がある―「ハインリッヒの法則」*に通ずるものがあります。

 * 「ハインリッヒの法則」
  <1件の重大災害の裏には、29件のかすり傷程度の軽災害があり、さらにその裏にはケガまではないものの300件のヒヤリとした体験が存在しています>
  『失敗学のすすめ』  畑村洋太郎 講談社



「自分はどうせサラリーマンだから、あまり関係ないさ」と思っているとしたら大間違いで、それでは私がよく言う「茹でガエル」になってしまう。カエルが鍋に飛び込んだ。
最初は水だったが、鍋の底に火がついてだんだんお湯が温まってくる。カエルはなんとなく変化に気づきながらも、深く考えずに「まあ、温かくて気持ちがいいや」と思っている。そのうちお湯は熱湯になり、カエルは茹で上がってしまうのだ。

              今日の名言 1 〈55〉




今でも日本のビジネスマンは、40歳そこそこで年俸600万円から1000万円近くはもらっているだろう。年俸1000万円といえば、世界で見れば1%もいないエリート中のエリートである。
そこで私はビジネスマン諸君に、「あなたはその値札に見合うだけの名札が書けるのか」と問いたい。

              今日の名言 2 〈56〉




新しい世界では、500万円を稼ぐにもそれ相応の能力が求められるようになる。知的ブルーカラーの仕事、言い換えれば「勤労の付加価値」の仕事のほとんどは、中国やインドなどに移っていく。先進国のビジネスマンは、これからは「知識の付加価値」でメシを食っていかなければならないのだ。これまで通り「勤労の付加価値」のぬるま湯につかっている人間は、年俸500万円ではなく200万円に落ちることを覚悟しなければならない。これではまさに茹でガエルである。

              今日の名言 3 〈57〉




 『考える技術』からの名言のご紹介は、今回で最後になりました。
 次回からは、『ドットコム仕事術』から名言をご紹介します。
 ご期待ください。         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」  



スポンサーサイト

『考える技術』(18)

『考える技術』(18)




 『考える技術』(初版 2004年11月4日 講談社)は、大前氏の考え方のフレームワーク(枠組み)のエッセンスを述べた本です。

 教育には『知育』『体育』『徳育』があります。どれか一つに偏ってはいけません。『知育』を一つをとっても、憶えるだけの詰め込み教育では応用が利きません。

 大前氏が言うようなパスファインダー、道なき道を進むためには徹底的に『考える』という訓練が不可欠です。



 ものごとが起こる前には必ず「予兆」がある―「ハインリッヒの法則」*に通ずるものがあります。

 * 「ハインリッヒの法則」
  <1件の重大災害の裏には、29件のかすり傷程度の軽災害があり、さらにその裏にはケガまではないものの300件のヒヤリとした体験が存在しています>
  『失敗学のすすめ』  畑村洋太郎 講談社



普通のビジネスマンは、社長や部長に呼ばれたときだけ格好よくやろうと一生懸命になるが、あとは知的に怠惰というのでは、社長の前でも格好よくできるはずがない。

              今日の名言 1 〈52〉




思考トレーニングのより効率的な方法としておすすめしたいのは、「よい会話の相手を見つける」ということだ。
よい会話の相手というのは、お互いに自分の仮説について考えを戦わせることのできる相手のことである。

              今日の名言 2 〈53〉




先見性というと、あたかも予言か何かのごとき「ひらめき」とか「直観」によって生まれるものだと誤解している人が多い。しかし、私に言わせれば、先見性もまた論理的思考によって生まれるものなのだ。

              今日の名言 3 〈54〉

         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」 



『考える技術』(17)

『考える技術』(17)




 『考える技術』(初版 2004年11月4日 講談社)は、大前氏の考え方のフレームワーク(枠組み)のエッセンスを述べた本です。

 教育には『知育』『体育』『徳育』があります。どれか一つに偏ってはいけません。『知育』を一つをとっても、憶えるだけの詰め込み教育では応用が利きません。

 大前氏が言うようなパスファインダー、道なき道を進むためには徹底的に『考える』という訓練が不可欠です。


 ものごとが起こる前には必ず「予兆」がある―「ハインリッヒの法則」*に通ずるものがあります。

 * 「ハインリッヒの法則」
  <1件の重大災害の裏には、29件のかすり傷程度の軽災害があり、さらにその裏にはケガまではないものの300件のヒヤリとした体験が存在しています>
  『失敗学のすすめ』  畑村洋太郎 講談社


人間というのは怠惰な動物だから、脳の使い方をパターン化してしまうと、それ以外のやり方では刺激しようとしなくなる。しかし、発想やアイデアを生み出す思考回路を鍛えるためには、つねに脳の違う部分を刺激することが重要なのだ。

              今日の名言 1 〈49〉




「考える」とは、つねに質問をし、自分で答えを一生懸命に見つけるということだ。「今、ここで答えを出さないと王様に殺される」という強迫観念のもとに、自分の持っている数字やデータを頭の中からひっぱり出して計算し、「なるほど」と思える解答を見つけ出す。こんなことは、本当に誰にでもできることなのだ。

              今日の名言 2 〈50〉




ビジネスの世界でも、ほとんどの人が当たり前と思って見過ごしていることを、当たり前と思わずに考えてみた人が、結局、事業で成功している。タイプとしては、普通の人が見過ごしているところを虫眼鏡で見るように極度に拡大し、そこから需要を引っ張りだしているタイプの人が多いように思う。

              今日の名言 3 〈51〉

         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」  



『考える技術』(16)

『考える技術』(16)




 『考える技術』(初版 2004年11月4日 講談社)は、大前氏の考え方のフレームワーク(枠組み)のエッセンスを述べた本です。

 教育には『知育』『体育』『徳育』があります。どれか一つに偏ってはいけません。『知育』を一つをとっても、憶えるだけの詰め込み教育では応用が利きません。

 大前氏が言うようなパスファインダー、道なき道を進むためには徹底的に『考える』という訓練が不可欠です。


 ものごとが起こる前には必ず「予兆」がある―「ハインリッヒの法則」*に通ずるものがあります。

 * 「ハインリッヒの法則」
  <1件の重大災害の裏には、29件のかすり傷程度の軽災害があり、さらにその裏にはケガまではないものの300件のヒヤリとした体験が存在しています>
  『失敗学のすすめ』  畑村洋太郎 講談社





新しい発想や構想というものは、論理的思考の延長線上にあるものであって、突然出てくるものではない。目の前で起こっている現象に対して「どうしてなのか」と疑問を持ち、いろいろな仮説を立てては、その仮説が本当に正しいのかどうかさまざまな設問をしていく。そして「中国はなぜ急速に伸び始めたのか」ということを自分に対して質問してみる。こうした思考の延長線上に1つの発想が生まれてくるのである。

              今日の名言 1 〈46〉




ここで私が言いたいのは、いいアイデアを生み出そうとか、飛びぬけた発想をしようと思っても無駄だということだ。やはり日常の中で、論理的思考のトレーニングを行う。体力づくりで言えば腕立て伏せを毎日するように、思考のトレーニングをするしかないのである。

              今日の名言 2 〈47〉




論理的思考の中でも、とくに発想の思考回路を鍛える上で有用なのは、ふだん使っていないセンス(感覚、触覚)を使うことだ。
これは別に難しいことでもなんでもない。たとえば雲を見て、その5分後の姿を想像してみるのもトレーニング方法の1つだ。

              今日の名言 3 〈48〉

         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」   



『考える技術』(15)

『考える技術』(15)




 『考える技術』(初版 2004年11月4日 講談社)は、大前氏の考え方のフレームワーク(枠組み)のエッセンスを述べた本です。

 教育には『知育』『体育』『徳育』があります。どれか一つに偏ってはいけません。『知育』を一つをとっても、憶えるだけの詰め込み教育では応用が利きません。

 大前氏が言うようなパスファインダー、道なき道を進むためには徹底的に『考える』という訓練が不可欠です。


円高の克服方法は、次の3つしかない。①日本でコストダウンをはかる。②米国へ行って円と関係なくやっていく。③アジアに進出して円とドルの中間通貨でやる。この3つの水道の蛇口のどれをひねるかでバランスをとり、為替に対して中立になろうというわけだ。

              今日の名言 1 〈43〉




いろいろなことを考えながら、2回、3回と試行錯誤をしているうちに「こういうことではないか」というパターンがおぼろげながら見えてくる。そのパターンを仮説として、現実的にその仮説どおりになるかどうかを実証・検証していく。足で歩き、実際にやってみる。こういうことを繰り返しやっていると、人よりも半歩先を行くことができるのだ。

              今日の名言 2 〈44〉




インターネット村の住人たちは、そのほとんどが“グーグッて”いる。分からないことがあると、祖母に聞くのではなく、世界最大の検索エンジン「グーグル」で検索するわけだ。その結果、みんな似たような立ち居振る舞いをするようになってしまうのである。

              今日の名言 3 〈45〉

         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」 



『考える技術』(14)

『考える技術』(14)




 『考える技術』(初版 2004年11月4日 講談社)は、大前氏の考え方のフレームワーク(枠組み)のエッセンスを述べた本です。

 教育には『知育』『体育』『徳育』があります。どれか一つに偏ってはいけません。『知育』を一つをとっても、憶えるだけの詰め込み教育では応用が利きません。

 大前氏が言うようなパスファインダー、道なき道を進むためには徹底的に『考える』という訓練が不可欠です。



 ものごとが起こる前には必ず「予兆」がある―「ハインリッヒの法則」*に通ずるものがあります。

 * 「ハインリッヒの法則」
  <1件の重大災害の裏には、29件のかすり傷程度の軽災害があり、さらにその裏にはケガまではないものの300件のヒヤリとした体験が存在しています>
  『失敗学のすすめ』  畑村洋太郎 講談社





私はある意味では冒険者であり、探求者である。世界60ヵ国を、訪れ足を使ってさまざまな物事を見、観察してきた。そして歴史的な時間軸と、地政学的な空間軸、この2つの軸、2つの次元で物事を考える。それを瞬時に行う癖がついているのである。

              今日の名言 1 〈40〉




将来とは突然やってくるものではなく、過去の延長線上、今日の延長線上にある。だから予兆は必ずある。私の場合、予兆の段階から観察し、そこに働いているいろいろな力を見て、結果的にどうなるかを見抜くという癖がついているのである。

              今日の名言 2 〈41〉




閉鎖系では問題に対する答えは1つだが、オープン系では単純な因果関係だけでは説明できないことがあり、答えが2つある場合もある。たとえば「正しい為替はいくらですか?」という問いに対しては、1ドル135円でも115円でも正しい。オープン系は非線形、非平衡のの方程式だから、複数の答えがありえるのだ。

              今日の名言 3 〈42〉

         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」  



『考える技術』(13)

『考える技術』(13)




 『考える技術』(初版 2004年11月4日 講談社)は、大前氏の考え方のフレームワーク(枠組み)のエッセンスを述べた本です。

 教育には『知育』『体育』『徳育』があります。どれか一つに偏ってはいけません。『知育』を一つをとっても、憶えるだけの詰め込み教育では応用が利きません。

 大前氏が言うようなパスファインダー、道なき道を進むためには徹底的に『考える』という訓練が不可欠です。


 日本人が苦手なのはロジック(論理)です。
 欧米での三段論法を身につける必要があります。
 三段論法とは次のようなものです。
 A=B B=C ゆえにA=C
 例を挙げましょう。
    (1)大前研一は人間である。 (2)人間は考える葦である。
    (3)大前研一は考える葦である。


「考える」ということは、自分に「知的備蓄」を作るということにほかならないのである。ふだんから考えることを怠り、時間があればうたた寝をしているような連中は、21世紀の複雑系の世界では落伍していくしかない。これからの時代は、自分の人生に対しても時代背景に対しても、かなり正確な認識を持っていなければ生きていくことは困難だ。

              今日の名言 1 〈37〉




論理的思考の能力は楽器と同じで、訓練すれば誰でも身につけることができる。ピアノだって、中年になってから始めても、練習すればある程度は弾けるようになる。うまいか下手かの差は出るが、誰でも弾けるようにはなる。それでお金が取れるようになるかどうかは別として、この道は練習がすべてであることは間違いないのである。

              今日の名言 2 〈38〉




問題解決のトレーニングを徹底してやれば、会社でも評価されるし、自分で事業を起こすときにはまさにそのまま効き目となって現れる。マイナスは、赤提灯で友人と一緒に上司の愚痴をこぼす時間が減ったとか、プロ野球や相撲を観なかった、日曜日にごろ寝しながらテレビでゴルフを見る時間が減ったという程度だろう。

              今日の名言 3 〈39〉

         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」  



『考える技術』(12)

『考える技術』(12)




 『考える技術』(初版 2004年11月4日 講談社)は、大前氏の考え方のフレームワーク(枠組み)のエッセンスを述べた本です。

 教育には『知育』『体育』『徳育』があります。どれか一つに偏ってはいけません。
『知育』を一つをとっても、憶えるだけの詰め込み教育では応用が利きません。

 大前さんが言うようなパスファインダー、道なき道を進むためには徹底的に『考える』という訓練が不可欠です。


 日本人が苦手なのはロジック(論理)です。
 アリストテレスの三段論法を身につける必要があります。
 三段論法とは次のようなものです。
 A=B B=C ゆえにA=C
 例を挙げましょう。
    (1)大前研一さんは人間である。 (2)人間は考える葦である。
    (3)大前研一さんは考える葦である。


前提があって結論があるという思考パターンの人間なら、どんなときにもパニックにならないし、前提が変わればまた違う結論を出せる。マッキンゼーにかぎらず、これからの世の中は、他の仕事でもこういうタイプのほうがうまくいくはずだ。
こうして私は、「こういう思考パターンなら大丈夫だろう」という人間だけを採用していた。それでもうまくいく確率は二割ほど。それだけマッキンゼーは厳しい会社だったということである。

              今日の名言 1 〈34〉




何を知っているかではなく、知らないことを頼まれたときに、どういう思考回路をとるのかが本当に重要なことなのだ。

              今日の名言 2 〈35〉




日常のトレーニングで重要なのは、つねに知的好奇心を持つことである。たんに与えられたテーマについて考えるだけでは、本当の意味で物事を考えることにはならないからだ。知的好奇心を持って生きていると、世の中には新聞やインターネットでは知ることのできない、じつに興味深い情報が溢れている。

              今日の名言 3 〈36〉

         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」 



『考える技術』(11)

『考える技術』(11)




 『考える技術』(初版 2004年11月4日 講談社)は、大前氏の考え方のフレームワーク(枠組み)のエッセンスを述べた本です。

 教育には『知育』『体育』『徳育』があります。どれか一つに偏ってはいけません。『知育』を一つをとっても、憶えるだけの詰め込み教育では応用が利きません。

 大前氏が言うようなパスファインダー、道なき道を進むためには徹底的に『考える』という訓練が不可欠です。


今の日本では、学校そのものが人間の脳の本来持つ創造性を破壊する凶器になってしまっている。新しい時代になっているのに、役に立たない古い時代の価値観を刷り込むのだから、脳の破壊以外のなにものでもない。

              今日の名言 1 〈31〉




今は世の中そのものが、答えのない、マニュアルの通じない世界である。敏感な人々はすでにその方向にシフトを始めている。古い価値観に縛られている人間と、新しい価値観を生み出そうとしている人間。その差はこうした黎明期にこそより大きく開くものなのだ。

              今日の名言 2 〈32〉




たとえばゲームをするときでも、ゲームの展開をワクワクしながら楽しめばいいものを、攻略本を買って読む。ゲームを楽しみながら自分なりの攻略法を編み出すということができない。というよりも、最初から放棄してしまっているのだ。攻略本や虎の巻でテクニックだけを覚え、後ろに答えが書いてあったら、そこを先に読んでしまう。
この手の人間は、世の中に出てから何の役にも立たない。答えを与えられていないと何もできないし、答えのない状況になったらパニックを起こしてしまうからだ。

              今日の名言 3 〈33〉

         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」  



『考える技術』(10)

『考える技術』(10)




 『考える技術』(初版 2004年11月4日 講談社)は、大前氏の考え方のフレームワーク(枠組み)のエッセンスを述べた本です。

 教育には『知育』『体育』『徳育』があります。どれか一つに偏ってはいけません。『知育』を一つをとっても、憶えるだけの詰め込み教育では応用が利きません。

 大前氏が言うようなパスファインダー、道なき道を進むためには徹底的に『考える』という訓練が不可欠です。



新しい経済は複雑系の世界だから、モデル化することは不可能である。だからこれまでの経済学を微調整したようなフレームワークや数学モデルは、まったく通用しないことを知っておいたほうがいい。

              今日の名言 1 〈28〉




説明できないことがでてきたら、「それはなぜか」という質問ができる。そうやってどんどん質問し、理由の理由、原因の原因を見つけていけば、これまで誰も言っていないような結論に達することができる。とくに、最近はそうした事例が非常に多いのである。

              今日の名言 2 〈29〉




今の時代に何よりも必要なのは、今学校で行われているような、答えを出させる教育、覚えさせる教育ではなく、「どうして?」と考えることを学ばせる教育なのだ。

              今日の名言 3 〈30〉

         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」  



ブログ内検索

プロフィール

藤巻 隆

Author:藤巻 隆
本当に役に立つビジネス書のウェブマスター、藤巻隆と申します。
ブログ「新・大前研一名言集」を更新していました。
しかし、最近になってブログサーバーのせいかどうかわかりませんが、新しい記事を書こうとすると入力画面が異常をきたし入力が困難になってきました。
そこで、新しいアカウントでブログのコンテンツを最初から立ち上げることにしました。
よろしくお願いいたします。
 (2007年12月27日)
管理者専用

カウンター

TOTAL:

現在の閲覧者数:

スポンサード・リンク

インターネット広告なら

アクセスランキング

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



株主優待

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
371位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
229位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク





PC モバイル 5万5千人に、
無料で広告配信
無料会員登録で、毎月15回無料配信
有料会員なら、毎月90回無料配信
出来ます。
さらに!ご紹介者お1人につき、
高額報酬!
お急ぎ、ご登録下さい。
詳細・ご登録は 今すぐ!

リンク

このブログをリンクに追加する

新・大前研一名言集(改)

QR

スポンサード・リンク

アクセスランキング

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。