スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『チャイナ・インパクト』(14)

『チャイナ・インパクト』(14)






『チャイナ・インパクト』(初版 2002年3月29日 講談社)は、中国を正しく理解するための視点を提供してくれる本です。中国関係では、この本を含めた3部作(『中国シフト』『中華連邦』)は必読です。

大前氏は歴史を重要視しています。そして独自の歴史観から事象を捉えることもしています。
誰の言葉か知りませんが、「愚者は己の経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」ということを実践しているのが大前氏です。



ヨーロッパは今、中国をアメリカへの対抗軸として、地政学的に取り込もうとしている。実際、ヨーロッパのトップと中国のトップは、非常に頻繁に交流するようになっている。ヨーロッパから見ると、アメリカ一極支配を避ける方向は、中国を少し助けてやることだ、というようなメンタリティーがある。

              今日の名言 1 〈121〉




日本のような際立った中央集権国家は、もう世界に例がない。なぜなら、すでに時代に合わないからだ。国境なき経済、ボーダーレス経済においては、いかに中央集権であっても、様々な形で裏側からお金が流れ、技術が漏れ、企業がこぼれていってしまう。ボ-ダーレス経済のこの時代には、中央集権制を維持していくには膨大なエネルギーを必要とするのだ。

              今日の名言 2 〈122〉




相互依存というのは、なかなかきちんと理解されていないが、「それを壊すとお互い経済的に大きな痛みが伴う」という関係だ。安全保障上の一番大切な概念で、軍備を増強して安全保障を高めるというより、経済的にインターディペンダンス、すなわち相互依存を高めていくほうが安全は確保できる。

              今日の名言 3 〈123〉





次回から『ビジネス・ウェポン』を取り上げます。ご期待ください。
         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」



スポンサーサイト

『チャイナ・インパクト』(13)

『チャイナ・インパクト』(13)




 
『チャイナ・インパクト』(初版 2002年3月29日 講談社)は、中国を正しく理解するための視点を提供してくれる本です。中国関係では、この本を含めた3部作(『中国シフト』『中華連邦』)は必読です。

大前氏は歴史を重要視しています。そして独自の歴史観から事象を捉えることもしています。
誰の言葉か知りませんが、「愚者は己の経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」ということを実践しているのが大前氏です。



今の中国は、日本についで外貨の蓄えがある。台湾レベルの都市は、現在の中国にはいくつもある。すでに技術だって手に入れた。珠江デルタを見れば、台湾というカモが、技術というネギをしょって東莞にやってきてくれたようなものだ。立ち止まってふと考えてみれば、中国にとって台湾の重要性は著しく減ってしまったのである。

              今日の名言 1 〈118〉




ホワイトカラーに限って言えば、中国でも人件費はどんどん上がっている。優秀なスタッフはいわゆるアメリカ帰りだったり、外資系企業との引き抜き合戦があったりして、国際的な時価に近づいているのだ。私もマッキンゼー時代にそういう人材を随分採用したが、すぐに国際的な相場に上がってしまった。

              今日の名言 2 〈119〉




中国の経営者の多くは、公式の場から場所を変えて話をすると、「10年の間に全部やらなければダメなのです。中国はすべてをこの10年でやりつくさなければならないのです」ということをしきりに強調する。それだけ近い将来に対する危機感がある。

              今日の名言 3 〈120〉




         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」



『チャイナ・インパクト』(12)

『チャイナ・インパクト』(12)




 
『チャイナ・インパクト』(初版 2002年3月29日 講談社)は、中国を正しく理解するための視点を提供してくれる本です。中国関係では、この本を含めた3部作(『中国シフト』『中華連邦』)は必読です。

大前氏は歴史を重要視しています。そして独自の歴史観から事象を捉えることもしています。
誰の言葉か知りませんが、「愚者は己の経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」ということを実践しているのが大前氏です。



日本語の能力は将来、中国にとって世界第二の市場に進出するときに不可欠なものとなる。この能力に磨きをかけておけば、中国の他の地域が世界に通用する自社ブランド商品を作れるようになる5~10年後には、マーケティングや商社機能は東北三省が担うという図式につながるはずだ。

              今日の名言 1 〈115〉




外資による直接投資の勧誘は、世界中の国がもっとも力を入れていることだ。日本以外の国では、外国から資本を呼び込むこと、外国から技術を持った企業を呼び込むことが、国の政策のトップに位置づけられている。

              今日の名言 2 〈116〉




冷凍食品で有名な加ト吉は、中国への投資をほとんど山東省に集約してきた。また「サッポロ一番」のサンヨー食品は、世界一のラーメン工場を天津に作った。都市がそれぞれの特徴を出し、投資を引きつけるようになったのである。

              今日の名言 3 〈117〉




         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」



『チャイナ・インパクト』(11)

『チャイナ・インパクト』(11)





『チャイナ・インパクト』(初版 2002年3月29日 講談社)は、中国を正しく理解するための視点を提供してくれる本です。中国関係では、この本を含めた3部作(『中国シフト』『中華連邦』)は必読です。

大前氏は歴史を重要視しています。そして独自の歴史観から事象を捉えることもしています。
誰の言葉か知りませんが、「愚者は己の経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」ということを実践しているのが大前氏です。



中国と台湾は、公式には国交が断絶していて、表向き直接の行き来ができない。現在は「小三通(さんつう)」といって、例外的に福建省と台湾の馬祖島、金門島との間で通商、通航、通信が開放されているだけだ。しかし、これが中国本土と台湾とのレベル、つまり「大三通」にまで広がって交易の直通ができるようになると、台湾が国土を広げるような形で一大発展する可能性は十分にある。

              今日の名言 1 〈112〉




現在の大連は、建物も美しく清潔で、歩道には塵一つ落ちていないほどだ。自動車が走り出す前のパリを彷彿とさせる街並み、ハイレベルなホテル、交通手段そしてレストランがある。

              今日の名言 2 〈113〉




「間接業務のユニクロ化」とは、バックルームと呼ばれる間接業務のうち、比較的労働集約型で付加価値の低い業務を、人件費の安い海外へアウトソーシングするという発想である。日本語データベースの入力作業や、顧客の問い合わせを受け付けるコールセンターなどがよい例だ。

              今日の名言 3 〈114〉




         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」



『チャイナ・インパクト』(10)

『チャイナ・インパクト』(10)




 
『チャイナ・インパクト』(初版 2002年3月29日 講談社)は、中国を正しく理解するための視点を提供してくれる本です。中国関係では、この本を含めた3部作(『中国シフト』『中華連邦』)は必読です。

大前氏は歴史を重要視しています。そして独自の歴史観から事象を捉えることもしています。
誰の言葉か知りませんが、「愚者は己の経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」ということを実践しているのが大前氏です。



華僑は世界中に約6000万人いるが、そのうちの80パーセントが広東省出身である(2番目に多いのが福建省)。彼らはかって非常に貧しく、そのためどんどん海外へ出ていったのだ。

              今日の名言 1 〈109〉




アルカテルはフランスの大きな通信機器メーカーだが、ここが最近、アジア本社を上海に移転した。同様にイギリス系のHSBC(香港上海銀行)もアジア本社を上海に移した。この二つの動きは非常に重要だ。

              今日の名言 2 〈110〉




山東省に進出した代表的な日本企業はは加ト吉だ。加ト吉は、山東半島を中心に、中国に複数の工場を展開しているが、そこで生産される冷凍食品はほぼすべてが日本向けに輸出されている。これが加ト吉の売上高の三割を占めるほどになっているという。また、アサヒビールも烏龍茶の生産を青島で手がけている(同じ烏龍茶でも、伊藤園は福建省が中心)。こうした食品産業のクラスター化が、山東省では急速に進んでいる。

              今日の名言 3 〈111〉




         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」



『チャイナ・インパクト』(9)

『チャイナ・インパクト』(9)




 
『チャイナ・インパクト』(初版 2002年3月29日 講談社)は、中国を正しく理解するための視点を提供してくれる本です。中国関係では、この本を含めた3部作(『中国シフト』『中華連邦』)は必読です。

大前氏は歴史を重要視しています。そして独自の歴史観から事象を捉えることもしています。
誰の言葉か知りませんが、「愚者は己の経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」ということを実践しているのが大前氏です。



中国はすでにほとんどフリー貿易の世界の中にあり、国営企業だって香港に行ってしまうという環境でやってきている。いまさらWTOに加盟したからといって、実態は何も変わらないだろう。

              今日の名言 1 〈106〉




中国で現在できあがってきている地域経済ユニットは一つが一億人単位であり、規模的にはリージョン・ステートではなく、さらに大きな枠組みであるメガリージョンになる。このメガリージョンの中に、リージョン・ステート、つまり地域国家が最低二つ、大きいところだと六つくらい含まれるという構図なのだ。

              今日の名言 2 〈107〉




日本のような際立った中央集権国家は、もう世界に例がない。なぜなら、すでに時代に合わないからだ。国境なき経済、ボーダーレス経済においては、いかに中央集権であっても、さまざまな形で裏側からお金が流れ、技術が漏れ、企業がこぼれていってしまう。ボーダーレス経済のこの時代には、中央集権制を維持していくには莫大なエネルギーを必要とするのだ。

              今日の名言 3 〈108〉




         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」



『チャイナ・インパクト』(8)

『チャイナ・インパクト』(8)





『チャイナ・インパクト』(初版 2002年3月29日 講談社)は、中国を正しく理解するための視点を提供してくれる本です。中国関係では、この本を含めた3部作(『中国シフト』『中華連邦』)は必読です。
大前氏は歴史を重要視しています。そして独自の歴史観から事象を捉えることもしています。
誰の言葉か知りませんが、「愚者は己の経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」ということを実践しているのが大前氏です。



ボーダーレス経済の中で、ある地域の経済が発達するためには、この「四つのC」が国境を超えて流入してくることが不可欠だ、というのが私のかねてからの持論である。すなわちキャピタル(資本)、コーポレーション(企業)、コンシューマー(消費者)、コミュニケーション(情報)の四つの条件である。

              今日の名言 1 〈103〉




今の中国はまったく違う。留学先から帰ってくれば即、「できることは最大限にやらせましょう」という待遇が約束されている。もともと中国人は優秀だ。アジアの主要国におけるTOEFLの平均点を見れば、英語圏であるフィリピン、インドに次いで高得点を上げている。日本の順位はといえば、インドネシアや韓国、タイなどの後塵を拝する有様で、中国に遠く及ばない。

              今日の名言 2 〈104〉




「世界一」とか「世界初」「世界最速」という言い方を、中国人はこの数年で平気で使うようになったのである。

              今日の名言 3 〈105〉




         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」



『チャイナ・インパクト』(7)

『チャイナ・インパクト』(7)




 
『チャイナ・インパクト』(初版 2002年3月29日 講談社)は、中国を正しく理解するための視点を提供してくれる本です。中国関係では、この本を含めた3部作(『中国シフト』『中華連邦』)は必読です。

大前氏は歴史を重要視しています。そして独自の歴史観から事象を捉えることもしています。
誰の言葉か知りませんが、「愚者は己の経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」ということを実践しているのが大前氏です。



空洞化については、みな錯覚している。空洞化しても、国の経済は全然おかしくならない。日本は空洞化をどんどん進めるべきなのだ。今後、外に出て行く日本企業には、むしろ奨励すらしてあげてもいいと思う。なにせ税金での救済を求めずに、自分で生存地を求めていくのだから。

              今日の名言 1 〈100〉




今の日本人は、あまりに世界のことを知らなすぎる。学者やジャーナリストも、一部の国や事例しか見てきていない。それで、空洞化対策だ、デフレ阻止だ、失業対策だ、セーフガードだ、とやるものだから、国民は全体像を見る機会がない。やはり、お隣の中国のことくらいは、自分の足を使いその目で見てきたほうがいいのではないか。また、多くの人が中国を見ることによって、日本に対して正しい危機感を持ってもらうのはよいことだ。日本には、まだまだ打つ手があるし、またダメージを少なくする手も今ならある。要は、チャイナ・インパクト(中国の衝撃)をいかに自分自身の変革の原動力とするか、という応用問題なのだ。

              今日の名言 2 〈101〉




私がこれほどまで中国の発展を確信するのには、いくつかの根拠がある。キーワードは、「富の創出機構」「連邦制」「四つのC」だ。これらが互いに相乗効果を発揮しながら、中国の爆発的成長を支えているのである。

              今日の名言 3 〈102〉




         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」



『チャイナ・インパクト』(6)

『チャイナ・インパクト』(6)




 
『チャイナ・インパクト』(初版 2002年3月29日 講談社)は、中国を正しく理解するための視点を提供してくれる本です。中国関係では、この本を含めた3部作(『中国シフト』『中華連邦』)は必読です。

大前氏は歴史を重要視しています。そして独自の歴史観から事象を捉えることもしています。
誰の言葉か知りませんが、「愚者は己の経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」ということを実践しているのが大前氏です。


日本の悲劇は、47都道府県が総務省(旧自治省)を頂点とするばらまき行政で、ほとんど平板になってしまったことだ。どこへ行っても同じような空港があって、どこへ行っても同じような駅がある。地方は皆、新幹線の誘致と空港の拡大に一生懸命取り組んでいる。だから、日本には特徴ある地域が生まれない。

              今日の名言 1 〈97〉




国内の産業を悩ませている輸入製品は、すべて中国を利用している日本企業の手で送り出されたものなのだ。そうでなければ「メイド・イン・チャイナ」の味や品質は、日本の消費者の要求を満たせない。

              今日の名言 2 〈98〉




これからの企業の優劣を分けるのは、「誰が中国を一番うまく使ったか」というポイントに大きくかかってくる。もちろん「誰が」という部分が、欧米企業の場合もある。そのときは日本に向けて、中国で製造した製品をぶつけてくる。

              今日の名言 3 〈99〉




         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」



『チャイナ・インパクト』(5)

『チャイナ・インパクト』(5)




 
『チャイナ・インパクト』(初版 2002年3月29日 講談社)は、中国を正しく理解するための視点を提供してくれる本です。中国関係では、この本を含めた3部作(『中国シフト』『中華連邦』)は必読です。




中国にとっては、日本とはどのような存在なのだろうか?実は中国は、経済的には日本に対する依存度が一番高い。日本から機械と基幹部品を輸入し、加工して輸出している。

              今日の名言 1 〈94〉




中国の国民が抱いているのは、例外なく侮日感情である。日中間に横たわるこの溝を埋めていくためには、やはり中国の今の教科書や、全体に浸透してしまっている「見下すべき小さな国」というイメージそのものを直さないといけないだろう。

              今日の名言 2 〈95〉




私が言いたいのは、日本も道州連邦化し、その道州が中国の一つか二つの地域と極めて密接な付き合いをするべきだということだ。これが、これからの中国と付き合ってゆくうえで、非常に有効かつ唯一のやり方なのだ。

              今日の名言 3 〈96〉




         

      
        私のサイトです ⇒ 「本当に役に立つビジネス書をご紹介します!」



ブログ内検索

プロフィール

藤巻 隆

Author:藤巻 隆
本当に役に立つビジネス書のウェブマスター、藤巻隆と申します。
ブログ「新・大前研一名言集」を更新していました。
しかし、最近になってブログサーバーのせいかどうかわかりませんが、新しい記事を書こうとすると入力画面が異常をきたし入力が困難になってきました。
そこで、新しいアカウントでブログのコンテンツを最初から立ち上げることにしました。
よろしくお願いいたします。
 (2007年12月27日)
管理者専用

カウンター

TOTAL:

現在の閲覧者数:

スポンサード・リンク

インターネット広告なら

アクセスランキング

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



株主優待

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
230位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク





PC モバイル 5万5千人に、
無料で広告配信
無料会員登録で、毎月15回無料配信
有料会員なら、毎月90回無料配信
出来ます。
さらに!ご紹介者お1人につき、
高額報酬!
お急ぎ、ご登録下さい。
詳細・ご登録は 今すぐ!

リンク

このブログをリンクに追加する

新・大前研一名言集(改)

QR

スポンサード・リンク

アクセスランキング

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。