スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サラリーマン再起動マニュアル』(49)

トラフィックエクスチェンジのトラフィックNo.1

大前研一氏は、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前氏の著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前氏の足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


[エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある

 旧大陸を占拠するエスタブリッシュメントの死屍累々という光景は、若い人々を奮い立たせるものである。しかし、もっと若い人々には驚くほど覇気がなくなっている、という光景にも出くわした。高齢化社会が新たな事業機会を生み出す一方で、若い人々の慎ましさは経済を衰退させる。こうしたあらゆるFAW(Force At Work=世の中に作用している力)をよく理解したうえで、徐々に新大陸でのトランサクションを得ていこう。
 まずは今までに学んだことを一度すっかり洗い流して、新しい旅路に出る覚悟を決めなくてはいけない。あなたが何歳であっても、すべての人がここでオールクリアして、新しい地図を手に入れ、その踏破に向けた訓練を第一歩からやり直す覚悟が必要なのだ。
 本書が、そうした覚悟を生む契機となることを切望する。


  
                      (今日の名言 49  496)




 大前研一氏と私は年齢がちょうど一回り(12歳)離れています。しかし、その年齢以上に遥かに頭の中身と行動力に差がある、と大前氏の著作を読むたびに痛感します。
 構想力、コンサルタント力、提案力、実行力・・・どれをとっても私が及ぶようなものは何一つありません。
 それでも、いや、だからこそ大前氏の著作やメルマガを通じ、大前氏の考え方を素直に受け入れることにしているのです。

 時には、かなり過激な表現も見受けられますが、それは大前氏がそれだけ真剣に物事を考え、モノマネではなくオリジナルな提案をし、自ら実行しているからです。そうした姿勢をいつも背中から見ていて、頼もしく感じ、(勝手に)この人に師事しグル(思想的指導者)と仰いでいるのです。

 若い人たちが買い物をしなくなった理由として、フリーターやニートが増え、低収入の生活を送っている現実があります。パソコンを持っていなくても携帯、いやスマホ(高機能携帯電話)を所持し、ゲームに興じている若者たちがいます。

 通信料金が高く、有料のゲームにまで手を出し、携帯ゲーム依存症に陥っている人もいるようです。コンプガチャで月数十万円の請求をされ、身動きが取れなくなった人が現れ、社会問題化しました。コンプガチャサービスを提供してきた、グリーやDeNAはこのサービスを休止することを決めました。

 私は、ゲームをしませんので詳しいことはわかりませんが、レアなアイテムを手に入れなければ、ゲームに勝てない仕組みを作り出したソフトメーカーと、そのゲームを提供し、莫大な収入を得ていた企業は、例えは適切でないかもしれませんが、日本国内で禁止されているカジノの胴元、と言えなくもありません。

 射幸心を煽るパチンコやパチスロと同様で、依存症からなかなか抜け出せなくなっている、と推測されます。私も若い頃パチンコの一発台にはまっていたことがあり、抜け出すのに苦労した経験があります。

 話がそれてしまいましたが、若い人たちだけではなく、高齢者にも雇用を創出していかなければ、民主党政権が唱える「社会保障と税の一体改革」は実を結ばないことは確かです。



 さて、長らく『サラリーマン再起動マニュアル』から大前研一氏の名言をご紹介してきましたが、今回が最後となります。

 次回からは『お金の流れが変わった!』から大前研一氏の名言をご紹介していきます。

 引き続きお付きあいいただけますと幸いです。








>   
   






1日30分の作業で毎月50万円を継続的に稼ぐ
アルバイトの主婦でも出来る方法を期間限定公開

 ⇒ "http://123direct.info/tracking/af/513144/Wq8NSKq1/












こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書

スポンサーサイト

『サラリーマン再起動マニュアル』(48)

トラフィックエクスチェンジのトラフィックNo.1

大前研一氏は、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前氏の著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前氏の足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


[エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある

 少子高齢化時代のビジネス新大陸では、企業は「内向き・下向き・後ろ向き」になったら必ず衰退する。日本国内にいて少しぐらい商品を改良してみても、どうにもならない。既存市場で生き残っていこうと思ったら、よほどの奇抜な企画力で付加価値の高い商品を生み出していかねばならない。換言すれば、少子高齢化時代に対してあなたが、あるいはあなたの会社が「外向き・上向き・前向き」にチャレンジするかどうかで自分たちの命運が決まるのだ。


  
                      (今日の名言 48  495)




 今国会で野田首相は「社会保障と税の一体改革」を念仏のごとく唱えています。少子高齢化時代になり、さらに2011年3月11日に発生した東日本大震災及び東電福島第一原子力発電所事故により日本国内は企業も個人も一部を除いて疲弊しています。

 こうした状況下で消費税増税が実施されたら、多くの零細企業とサラリーマンはその衝撃に耐え切れず倒れてしまいかねません。

 デフレが慢性化し、ギリシャに端を発したEUの不安定さが円高に拍車をかけています。株式市場も日経平均が一時的に1万円を回復したと思ったら、8千円台に下げています。

 パナソニックやソニー、シャープなど家電メーカーは、韓国のサムスン電子やLG電子の後塵を拝し、2012年3月期決算で軒並み数千億円の赤字を出しています。薄型テレビの価格下落が急激で、企業業績の足を引っ張っています。

 日本の半導体メーカーのエルピーダメモリは破綻し、米国半導体メーカーに買収される見込みです。同じくルネサステクノロジも業績悪化のため、数千人規模の人員削減をつい最近発表しました。

 日本には今、逆風が吹き荒れていますが、大前氏が力説しているように「外向き・上向き・前向き」にチャレンジして頂きたい、と強く願っています。





>   
   






1日30分の作業で毎月50万円を継続的に稼ぐ
アルバイトの主婦でも出来る方法を期間限定公開

 ⇒ "http://123direct.info/tracking/af/513144/Wq8NSKq1/












こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書

『サラリーマン再起動マニュアル』(47)

トラフィックエクスチェンジのトラフィックNo.1

大前研一氏は、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前氏の著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前氏の足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 現在、ネットの世界は「ロングテール」が常識になっている。つまり、ネット配信は、できるだけ多種多様なコンテンツを大量に揃えて、ユーザーが自分の好きな番組を好きな時間に視聴できるようにすることが重要なのである。
 番組を選ぶのはNHKではなくユーザーであり、極端にいえば、大勢の人が見ている人気ドラマや過去の人気作品ではなく、見ている人の少ないお宝映像やレアものを充実させるべきなのである。それこそがブログやSNSなどでユーザーが自由に情報を発信、交換できるようになったウェブ2・0時代の発想だろう。


  
                      (今日の名言 47  494)




 NHKと同様にネット配信を行なっている民放局が数社あります。新たな収益源として活路を見出しているのでしょうが、大前研一氏が指摘しているように「お宝映像やレアもの」を充実させなければ、早晩事業として立ちいかなくなるのではないか、と危惧しています。

 大前氏は次のような指摘もしています。
 <放送メディアが世論の動向を正確に把握できなくなったのは、通信メディアを補足していなかったからである。言い換えれば、通信メディアが放送メディアを上回る機動力と影響力を持つようになったからである>

 今後も通信メディアの動向から目が離せなくなった、と実感しています。しかし、私は、まだ「ガラケー(ガラパゴス携帯)」を使っています。家内も娘もすでにiPhone4Sを使っていますが、私は当分の間、ガラケーで我慢するしかなさそうです。家内も娘も私のガラケーよりも旧型のガラケー利用者でしたので、私よりも先に買い換えたからです。





>   
   






1日30分の作業で毎月50万円を継続的に稼ぐ
アルバイトの主婦でも出来る方法を期間限定公開

 ⇒ "http://123direct.info/tracking/af/513144/Wq8NSKq1/












こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書

『サラリーマン再起動マニュアル』(46)

トラフィックエクスチェンジのトラフィックNo.1

大前研一氏は、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前氏の著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前氏の足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 私にいわせれば、電波行政を司っている総務省自身が電波の世界で起こっていることを全くわかっていない。総務省は「放送と通信の融合」といい、放送が通信を取り込むと想定しているが、現実はその逆で、放送は通信のワン・オブ・ゼムになってしまっているのだ。重ねていうが、地デジの象徴となる「東京スカイツリー」は、おそらく既存テレビ局の衰退を後世に伝える“バベルの塔”となるだろう。


  
                      (今日の名言 46  493)




 東京スカイツリーの開業が来週16日に迫り、マスコミ報道が加熱しています。個人的には東京スカイツリーにはあまり興味がありません。634メートルという電波塔として世界一、あるいは最先端技術の粋を結集して出来上がったといったところで、「それが何なの?」という心境です。
 もちろん、興味がある方はどんどん訪問してください。
 360度パノラマ展望台からの見晴らしがいい、とさかんに盛り上げますが、眼下に見下ろす街はビルや民家が密集し、とても美しいとは言えません。
 むしろ、先の東日本大震災同等あるいはそれ以上の大災害(活断層による地震や富士山の噴火の可能性など)が発生した場合、建物が密集し通行路が狭いために緊急車両は被災地に入ることを遮られ、為す術なしとなる可能性が高いと思います。
 日本国民は東京スカイツリー開業で浮かれていていいのだろうか、と心配になります。
 





>   
   






1日30分の作業で毎月50万円を継続的に稼ぐ
アルバイトの主婦でも出来る方法を期間限定公開

 ⇒ "http://123direct.info/tracking/af/513144/Wq8NSKq1/












こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書

『サラリーマン再起動マニュアル』(45)

トラフィックエクスチェンジのトラフィックNo.1

大前研一氏は、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前氏の著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前氏の足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 リストラを始めた会社は、やたらと仕事が忙しくなる。仕事をリストラしないで人をリストラするから、残った人の仕事量が倍ぐらいになってしまうからだ。しかも、それは全部、「できるひと」に回ってくるので、今度は過労死の問題が出てくる。本来は不要な仕事をリストラして効率を上げるべきなのだが、そんなことをしてくれる気の利いた経営トップは見たことがない。


  
                      (今日の名言 45  492)




 リストの本来の意味は、「事業の再構築」だったのですが、日本ではリストラと言ったら、「人員削減」を意味するようになりましたね。事業を再構築しても人員が余剰になった場合、最終的な手段として「人員削減」が必要になるのですが、経営トップは自分の責任を棚にあげて、従業員を解雇するということが常態化しています。私も「事業の縮小に伴う人員整理」(会社都合による退職)で就活を余儀なくされた経験があります。
 逆に、従業員は私を除いて全員解雇となり、残務整理でてんてこ舞いになり、パニックになりそうなことも経験しました。
 今では、いい経験をさせてもらった、と思っていますが。 





>   
   






1日30分の作業で毎月50万円を継続的に稼ぐ
アルバイトの主婦でも出来る方法を期間限定公開

 ⇒ "http://123direct.info/tracking/af/513144/Wq8NSKq1/












こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書

『サラリーマン再起動マニュアル』(44)

トラフィックエクスチェンジのトラフィックNo.1

大前研一氏は、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前氏の著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前氏の足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 毎年の大幅な人員削減は、会社にとっても残った人にとっても非常に大きなプラス効果がある。まず、コストが下がる。そして残った人は切られたくないから一所懸命に働く。人が減れば減るほど仕事の権限がどんどん増え、給料もどんどん上がる。だからみんないっそう一所懸命に働いて、個人の能力も会社の業績も上がっていく。ウェルチ前会長(GE=ジェネラル・エレクトリック)は、こうもいっていた。「考えることがなくなったら人を削れ。緊張するから」と。人を削れば、残る人も出る人も自分も緊張するという理屈だ。


  
                      (今日の名言 44  491)


 業種業態を問わず、人件費が大きなコストであることに違いはありません。コストカットして企業業績が向上すればいいのですが、うまく機能しない会社が多いのはどうしてなのか考えてみました。
 リストラ策を断行しようとしたところ、残って欲しい人が自ら辞めてしまい、辞めて欲しい人が残るという事態に遭遇するからではないか、と思いました。自分の能力に自信のある人は、他でも生きていけます。しかし、この会社しかないという人はしがみつくしか生きていくすべがないのです。
 以前読んだ本の中に、次のようなことが書かれていました。
 「優秀な人材が2割、普通の人が6割、残りの2割は劣る人という経験則がある、ならば上位2割を残して残りの8割を解雇してみた。結果は、残した2割の優秀な人材と思われた人たちが、2:6:2に分かれた」
 この話から、一番ボリュームが大きい6割の人たちの底上げが必須であることが解ります。





>   
   






1日30分の作業で毎月50万円を継続的に稼ぐ
アルバイトの主婦でも出来る方法を期間限定公開

 ⇒ "http://123direct.info/tracking/af/513144/Wq8NSKq1/







トラフィックエクスチェンジのad-site55.net




こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書


『サラリーマン再起動マニュアル』(43)

トラフィックエクスチェンジのトラフィックNo.1

大前研一氏は、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前氏の著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前氏の足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 台湾人には日本語ができる人が多く、日本の部品業界や工作機械、組み立て機械のことを知り抜いている。英語もできるから、欧米の企業と複雑な交渉ができる。しかも中国語(北京語)が母国語なので、中国本土のどこへ行ってもツーカーだ。つまり、3か国語を操って日本企業、欧米企業、中国企業とビジネスができるのは台湾企業しかないのである。


  
                      (今日の名言 43  490)


 今日、2012年3月11日はあの東日本大震災から1年になる日です。東京では「東日本大震災1周忌追悼式典」が執り行われ、天皇皇后両陛下が出席され哀悼の意を表されました。
 大震災後、すばやく支援を行ったのは台湾でした。義援金の多さだけで評価することはできませんが、台湾が最大の義援金(200億円以上)を送ってくれたことを私たちは忘れてはなりません。
 残念なことに、中国を刺激しないように、日本は台湾に対して感謝の意を表しませんでした。政治が介入すると善意が無になってしまう典型的な例と言えるでしょう。同じ日本人として悲しいことでした。
 昨日、東日本大震災の復興支援策の一環として、日本と台湾のプロ野球選手代表が東京ドームに集結し、熱戦を繰り広げました。日本は9対2で台湾に勝ちました。今回の試合では、勝敗が重要なのではなく、台湾が日本のために物心両面で手を差しのべてくれたことが大切なのです。
 親日家が多いということはもっと認識するべきだ、と思います。




>   
   






1日30分の作業で毎月50万円を継続的に稼ぐ
アルバイトの主婦でも出来る方法を期間限定公開

 ⇒ "http://123direct.info/tracking/af/513144/Wq8NSKq1/







トラフィックエクスチェンジのad-site55.net




こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書


『サラリーマン再起動マニュアル』(42)

トラフィックエクスチェンジのトラフィックNo.1

大前研一氏は、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前氏の著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前氏の足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 たとえばiPodの場合、アップルはコンセプトやデザイン、機能の仕様を決めているだけで、HDDとフラッシュメモリはサムスンおよび東芝、HDD用基盤は昭和電工、磁気ヘッドはTDK、小型モーターは日本電産が開発・製造し、ボディの鏡面仕上げは小林研業という新潟県の小さな会社が受け持っている。それを鴻海(鴻富錦工業。1974年に台湾でOEMメーカーとして創業。中国本土に進出して急成長し、世界最大のEMS(電子機器受託製造サービス)メーカーとなった)がまとめて最終組み立てをしているのだ。


  
                      (今日の名言 42  489)


 『サラリーマン再起動マニュアル』が出版された当時は、iPhoneもiPadもこの世に出ていなかったわけですが、最終組み立てを行なうのは台湾メーカーであり、部品の製造をするのは日本メーカーであり、アップルは販売する構図は変わりません。
 スマホ(スマートフォン)にしても、完成品の製造・販売に関しては、日本メーカーは韓国のサムスン電子やLG電子の後塵を拝しています。
 視点を変えると、日本の部品メーカーの助けを借りなければ、サムスン電子にしてもLG電子にしても製品化できないことになります。この状況はアップルのiPhoneやiPadにしても同様です。




   
   
   






1日30分の作業で毎月50万円を継続的に稼ぐ
アルバイトの主婦でも出来る方法を期間限定公開

 ⇒ "http://123direct.info/tracking/af/513144/Wq8NSKq1/







トラフィックエクスチェンジのad-site55.net




こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書


『サラリーマン再起動マニュアル』(41)

トラフィックエクスチェンジのトラフィックNo.1

大前研一氏は、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前氏の著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前氏の足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 「ウェブ2・0型企業」と「ウェブ1・0型企業」の違いは、顧客のニーズの変化をすぐに感知して対応できる企業体質になっているかどうか、ということである。たとえば、日本の主要パソコンメーカーは、需要予測をして半年に1回のサイクルで新しいモデルを決め、あらゆる機能を詰め込んだ商品を出している。だから値段が高い。いくら大々的に宣伝・販売しても、思うように売れない。残った在庫はアウトレットで叩き売り。。その繰り返しで体力を消耗し、かつては日本国内で8割のシェアを占めていたNECでさえ、世界に出ていく力がなくなった。
 ところが、世界トップレベルのパソコンメーカーであるデルの場合は、すべての顧客からダイレクトに注文を受けてオーダーメードで作った商品が10日で届く。だから需要予測は必要ない。


  
                      (今日の名言 41  488)


 日本のメーカーは、ことパソコンに限らず、携帯やスマートフォンにも当てはまる話で、めったに使わない機能やソフトを盛り込んでいるため、価格が高く設定されています。メーカーの技術力を誇示したいためなのか、自己満足に陥っていると言われても仕方がない状況にあります。
 iPhoneにしても他のスマホにしても内部の主要部品を製造しているのは村田製作所などの世界的な企業ですが、完成品となるとアップルやサムスン、LGの後塵を拝する存在でしかありません。悲しいことです。




   
   
   












トラフィックエクスチェンジのad-site55.net




こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書


『サラリーマン再起動マニュアル』(40)

大前研一氏は、私にとってメンターでもあり、グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前氏の著作を読んでいつも感じるのは、物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前氏の足元にも及びませんが、不断の努力を怠らず、少しでも彼に近づきたいと思っています。


サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 ISBN978-4-09-379454-1 

目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある


第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 世界の小売業の購買には二つの大きな特徴がある。
 一つは「電子調達」だ。これは新大陸の話でもあるのだが、世界で最も良くて最も安いものを電子商取引によって調達することをいう。従来のように取引慣行に則って旧知の問屋や商社から買うのではなく、見たことも会ったこともない世界中の相手から買うという、ある意味で非情なシステムだ。
 それに世界で最も長けているGMSがアメリカの「ウォルマート」とフランスの「カルフール」で、この電子調達を駆使すれば、商品の仕入れコストは半分以下になることもある。しかし、見えない相手から買うということは、信用情報や支払い条件などで相当のノウハウを積んでいなくてはならず、、一朝一夕に電子調達のメリットを享受するわけにはいかない。
 もう一つは、味まで含めて世界の供給の現場を知り、自分でグローバルに調達する、ということだ。たとえば、スペインのイベリコ豚、ポーランドのハムやベーコンなど、世界で一番美味しいといわれているものを今までのように商社任せではなく、自分で見つけて直に調達する時代になっているのだ。


  
                      (今日の名言 40  487)


 ウォルマートの傘下になってから、西友は業績が回復基調になった、と言われています。今まであまり売れていなかったペット用品の品揃えやレイアウトを変更したことによって、ペット用品コーナーが消費者に認知され、売上を大きく伸ばすことができたそうです。
 最近、テレビや雑誌で目にすることが多くなったのは、コストコというGMSです。アメリカの企業らしく、巨大倉庫に夥しい量の商品を山積みし販売しているシーンをテレビで見ました。肉、パン、ピザ、パスタなどが大袋に入れられ陳列されていました。日本ではあまり目にしない、大型カートで店内を回ると、つい余計なものまで買ってしまいそうです。年会費4200円を支払い会員になると会員を含め二人まで入店できるそうです。
 日本国内で、このコストコの出店が増えているということです。超円高の今、輸入品が安く手に入るということでしょう。





   
   
   
  








こちらもご覧ください → 本当に役に立つビジネス書


ブログ内検索

プロフィール

藤巻 隆

Author:藤巻 隆
本当に役に立つビジネス書のウェブマスター、藤巻隆と申します。
ブログ「新・大前研一名言集」を更新していました。
しかし、最近になってブログサーバーのせいかどうかわかりませんが、新しい記事を書こうとすると入力画面が異常をきたし入力が困難になってきました。
そこで、新しいアカウントでブログのコンテンツを最初から立ち上げることにしました。
よろしくお願いいたします。
 (2007年12月27日)
管理者専用

カウンター

TOTAL:

現在の閲覧者数:

スポンサード・リンク

インターネット広告なら

アクセスランキング

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



株主優待

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
137位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク





PC モバイル 5万5千人に、
無料で広告配信
無料会員登録で、毎月15回無料配信
有料会員なら、毎月90回無料配信
出来ます。
さらに!ご紹介者お1人につき、
高額報酬!
お急ぎ、ご登録下さい。
詳細・ご登録は 今すぐ!

リンク

このブログをリンクに追加する

新・大前研一名言集(改)

QR

スポンサード・リンク

アクセスランキング

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。